フェイスパウダーの使い方をプロが解説!メイクの仕上がりワンランクアップ術

TOKIKO

メイクの仕上げに欠かせない、フェイスパウダー。皆さんは普段どのようにパウダーを塗っていますか?

「何となく顔全体にはたいてみる…」「そもそも粉っぽくなるからフェイスパウダーは使わない。」などなど、フェイスパウダーの使い方まではそこまで意識していなかったという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、メイクの仕上がりに差がつく、フェイスパウダーの使い方をお伝えしたいと思います!

TOKIKO 

TOKIKO

1997年に渡英し、ロンドンを拠点にMake-up artistとして活動。2001年よりMake-up Creatorとして東京をベースに活動を開始。2009年からは株式会社MONDO artist-group所属。東京を拠点にセルフメイクスクール主催、ファッションショー、モード誌、広告撮影、教育等を手がける。

フェイスパウダーとは

フェイスパウダーとファンデーションの違い

ファンデーションの役割は、肌理を整え、肌の表面を滑らかに仕上げることです。

紫外線や乾燥などの外界の刺激からの保護や、シミ・くすみなどの肌トラブルを目立たなくさせる効果があります。

対してフェイスパウダーは、ファンデーションの密着性を高め、化粧崩れを予防する役割があります。肌の質感を整えることができるため、ファンデーションの仕上げに活用します。

ファンデーションのタイプ

フェイスパウダーには、ファンデーションの仕上げに使うルースタイプと、携帯しやすく化粧直しに便利なプレストタイプがあります。

TOKIKO ファンデーションの仕上げに使うルースタイプは色付きのファンデーションの色味に合うものを選びましょう!透明感がある仕上がりになりますよ。

 フェイスパウダーの正しい使い方

メイクの仕上がりを左右するフェイスパウダー。正しい使い方をするために覚えておくべきポイントは、パウダーは顔の広い面から順に乗せていくということです。

<パウダーを使う順番>

 ①頬→ ②おでこ → ③鼻 → ④口 → ⑤目周り

TOKIKO パウダーを使う際には、メイクの仕上がりをナチュラルにしたいか、マットにしたいかで、パウダーブラシとパフを使い分けるのがオススメです!

パウダーブラシでの使い方

ナチュラルな質感に仕上げたい場合はパウダーブラシを使うことをおすすめします。

顔のパーツごとにブラシを大小で使い分けるとなおよいですよ。

<パウダーブラシを使ったパウダーの使い方>
  • パウダーをブラシにたっぷり含ませ、余分な粉を落として馴染ませる。
  • 広い部分から順に、顔全体にふんわりのせる。
  • パーツが小さい(目・鼻)部分は小さめのブラシでのせる。

 

テカリやすい部分(小鼻、顎先、目周り、Tゾーン)は気持ち多めにのせましょう。

TOKIKO また、目周りはシワができやすいので、ファンデーションのヨレを馴染ませてからのせると良いですよ!

パフでの使い方

パフは、ブラシに比べパウダーがよりたっぷり付くため、マットで艶のない質感に仕上がります。また、しっかりとファンデーションを固めるので化粧崩れがしにくくなります。

パフを使ったパウダーの使い方
  • パフにパウダーを馴染ませ、余分な粉を馴染ませる。
  • 広い部分から順に顔全体にポンポンと軽く押しあてるようにのせる。

 

オイリー肌の人はパフがオススメです。ただし、付けすぎは粉っぽくなるので注意してください。また乾燥肌の人もパウダーは付けすぎないようにしましょう。

顔をこするように乗せるとファンデーションがはがれてしまうため、押し当てるように乗せてくださいね!

メイク崩れを防ぐ使い方

汗や皮脂が出やすい体質の人や、出やすい夏場などは、いつも通りのメイクではすぐに崩れてしまうことも。そんなときは、普段のパウダーの入れ方をちょっと変えてあげましょう。

<メイク崩れを防ぐ!パウダーの使い方のコツ>
  • コツ1:ファンデーションを塗り終えたら、スポンジで叩いて余分な油分を取る。このひと手間により、パウダーの密着性が高まり崩れ防止に繋がります。
  • コツ2:パウダーは、顔の下から上に乗せる。毛は下を向いて生えており、皮脂はその産毛を伝って降りてきます。その流れに逆らうようにパウダーを乗せることで皮脂によるメイク崩れを防ぎます。

 

パウダーは乗せてから時間が経つと、徐々に顔に馴染んできます。しっかりとパウダーを乗せることで、長時間メイクを持たせることができますよ!

ノーファンデーション派のあなたへ

普段のメイクでファンデーションをしない場合は「パウダーも必要ない」と思っていませんか?実はそんなことはないんです。

パウダーには、紫外線から肌を守る効果があるため、化粧下地にそのまま乗せていただいても大丈夫なんですよ。また、パウダーが汗や皮脂を吸収してくれるのでテカリ予防にもなります。ノーファンデーション派の方もパウダーを使ってくださいね。

化粧下地の選び方をプロが解説!メイクアップアーティストが教える下地術

また、ノーファンデーション派の方で、そもそもファンデーションの選び方がよくわからないという方がもしいらっしゃれば、ファンデーションの選び方をご紹介しているこちらの記事もあわせてご覧ください。

ファンデーションの色の選び方をプロが解説!色黒/色白肌・イエロー/ブルーベース肌まで

粉っぽくなってしまったときの対処法

ついついパウダーを乗せすぎてしまい、仕上がりが粉っぽくなってしまった!せっかく上手くいったメイクが最後に台無しに…。ファンデーションも塗りなおせないし、どうしよう…!

TOKIKO こんなピンチな経験、皆さんもありますよね。でも大丈夫です!慌てず嘆かず、以下の方法を試してみてください。
<簡単!粉っぽさ解消法>
  • 手の平に化粧水を取り、じんわり手に水分が残るくらいまで乾かす。
  • 顔全体に手の平と指に残った化粧水を馴染ませる。

 

こうすることで、付けすぎた粉が肌に馴染み、綺麗に仕上がります。

また、メイク直しの際には皮脂をテッシュでオフしてからパウダーを乗せましょう。

パウダーブラシやパフのお手入れ方法

パウダーを塗る際に必ず使用するパウダーブラシやパフのお手入れについてお話しします。ついつい忘れがちな道具のお手入れですが、さぼってしまうとせっかくのコスメもメイクのテクニックも生かされなくなってしまうので、曜日を決めるなどして習慣的にお手入れを行うようにしましょう!

<パウダーブラシのお手入れ方法>
  1. 油分が落とせる中性洗剤などをぬるま湯で溶かし、ブラシの毛先を入れて振り洗い。(ブラシの肢が水にあまり濡れないことをおすすめします。)
  2. 汚れが浮いてくるので、何度かお湯を替えて汚れが出なくなるまで洗う。
  3. 洗剤が残らないようよくすすいだら、タオルで挟んで水気をよく取る。
  4. 広がったブラシの形を整えて、平置きor吊るして陰干しする。

 

<注意点>
  • 人工毛のブラシの場合は、振り洗いではなく揉み洗いをしてもOK
  • ブラシの毛は熱に弱いので、熱いお湯はNG。
  • 洗剤が残ってしまうと肌へのトラブルとなるので、すすぎは十分に!
  • 生乾きは雑菌の増殖に繋がるので、必ず風通しの良い日陰でよく乾かすこと。

 

デイリーケアとして、使用したブラシをティッシュに当てて粉を落とすだけでも汚れの蓄積が少なくなります。

パブのお手入れ方法

<パフのお手入れ方法>
  1. パウダーブラシの時と同様に、中性洗剤などを溶かしたぬるま湯で優しく押し洗いをする。
  2. お湯が透明になるまでよくすすぐ。
  3. しっかり水気を取り、タオルで挟んで軽くおさえる。
  4. タオルの上に平置きして陰干し。

 

<注意点>
  • パウダーブラシと同様に、すすぎと乾燥は十分に行う!
  • パフはタオル上の他に、通気性のよい平置き用のネットに乗せて乾かしてもOK

 

TOKIKO パフは、肌に使うものなので衛生面を考えて、2個以上を交互に使うことをおすすめします。

実践例!フェイスパウダーのBeforeAfter

TOKIKO 最後に、私がモデルさんにフェイスパウダーを塗った実例をご紹介します。化粧下地、ファンデーション、コンシーラーを塗った状態のBeforeに対して、フェイスパウダーを顔全体にのせました。

このように、パウダーを正しく乗せることで、メイクの完成度はもちろん、キープ力のアップにもつながります。今までパウダーをそこまで重要視していなかった方も、まずは基本の乗せ方をマスターして、メイクの仕上がりをワンランクアップさせましょう!

この記事を書いた人
TOKIKO
メイクアップアーティスト
LINE友達申請
無料会員登録