ハイライトの色選びでもう迷わない!自分に似合う色を見つける方法

TOKIKO

ハイライトをうまく使って、顔の立体感を演出したい、ハイライトで肌を綺麗に見せたい!けれども、イマイチ何色のハイライトが自分に合っているのかわからない。そんなお悩みをこちらの記事では解決します。

ハイライトの色ごとの特徴と選び方を知って、自分に合う色選びをできるようになりましょう!
TOKIKO
1997年に渡英し、ロンドンを拠点にMake-up artistとして活動。2001年よりMake-up Creatorとして東京をベースに活動を開始。2009年からは株式会社MONDO artist-group所属。東京を拠点にセルフメイクスクール主催、ファッションショー、モード誌、広告撮影、教育等を手がける。

Contents

ハイライトの効果

ハイライトは自分の肌よりも明るめの色を、顔の凹凸、立体部分に乗せることで、立体感を演出する効果や、くすみを飛ばす効果があります。

 

立体感が演出できるため小顔効果を得ることや、くすみをカバーすることで、ナチュラルな肌を印象付けることができます。

 

これらのハイライトの効果を最大限に引き出すために、重要なのが色選び。

悩みや求める仕上がりイメージに合わせて色や種類を選びたいところです。そこで、次の章から、ハイライトのタイプや、自分に合う色の選び方をご説明します。

タイプ別!ハイライトの特徴と使い方

ハイライトは次の4つのタイプがあります。タイプによって特徴や使い方が変わってきます。それぞれのタイプの概要を把握しておきましょう。

タイプ特徴使い方
パウダータイプ・ブラシでつけるタイプなら手を汚さずつけられる。
・ふんわりとした仕上がりが得られる。
・フェイスパウダー後、仕上げに。
・ブラシで付けるのがおすすめ。
クリームタイプ・密着度がよく、乾燥肌にもオススメ。
・柔らかい質感で濡れ感を演出でき、ポイント使いにもおすすめ。
・フェイスパウダーの前に使用。
スティックタイプ・直塗りできるのでポーチの中でかさばらない。
・しっかり発色し、ツヤを演出できる。
・スポンジや筆を使うこともOK!
・クリームやリキッドよりもさらっとした仕上がり。
・フェイスパウダーの前に使用。
リキッドタイプ・ぼかしやすいので、量を調整しながら自然にツヤ感を演出できる。
・ムラやヨレに注意が必要。
・パウダーファンデーションを使用している場合は下地の後にオン。

ハイライト選びのポイント

使いやすさだけで選んでもいいの?

ハイライトの使いやすさって、とても大事ですよね。

ポーチの中でかさばってしまうのはイヤ。化粧直しのしやすいものがいい!などと、色々あると思いますが、使い勝手がよくても理想の仕上がりと違う…ということにならないように気をつけないといけません。

仕上がりイメージを持とう

どのような仕上がりイメージにしたいのかによって、選ぶべきハイライトが変わってきます。ハイライトの効果は先にもお伝えしたように、次のようなものがあります。

ハイライトの効果
  1. 立体感を演出する。
  2. くすみなど肌の悩みを解消する。
  3. 華やかさをプラスする。

 

立体感が欲しい、肌悩みを解消したい、華やかさをプラスしたい、など目的に応じた色選びをしましょう。そのために、それぞれの色の特徴を知って、仕上がりイメージに合った色を選べるようになりましょう。

ハイライトの色の種類

ハイライトは主に下記のカラーがあります。

  • イエロー系
  • ピンク系
  • ベージュ系
  • ホワイト系
  • ゴールド・シルバー系
  • マルチカラータイプ
  • パープル系(※パープル系はハイライトの場合は部分的使用になります。)
色ごとの特徴を知って、自分に合う色選びをできるようになりましょう!ここからは、仕上がりイメージ別のオススメカラーをご説明していきます。

くすみにはイエロー系(バナナ色)

イエロー系ハイライトの特徴

イエロー系ハイライトの特徴は、日本人の肌色にもなじみやすく、くすみを抑え自然な仕上がりに仕上げてくれることです。

こんな人にオススメ

ベースメイクの厚塗りでは透明感のある仕上がりにはなかなか届かないこともありますよね。イエロー系のハイライトはナチュラルに立体感を得られます。そのため、ハイライト初心者さんにオススメです。

コントロールカラーや下地でカバーをしても顔色がイマイチ…そんなときには、イエロー系のハイライトがおすすめです。

ワンポイントアドバイス

ホワイト系やパール感の強いものに抵抗がある方は、パール感を抑えたイエロー系のハイライトからチャレンジしてみてください。華やかさが欲しい時にはパール感のあるもので輝きをプラスできますよ!

立体感メイクにはホワイト系

ホワイト系ハイライトの特徴

ホワイト系ハイライトは立体感を演出するのにぴったりです!顔の凹凸を強調して立体感を演出すれば小顔効果も得られますよ。

こんな人にオススメ

ホワイト系はどの肌色の人にもオススメできるハイライトです!今使っているメイクに色の相性を気にせずプラスできます。立体感とメリハリの欲しい!立体感メイクで小顔効果が欲しい!人には特におすすめ!

ワンポイントアドバイス

鼻筋バッチリ!なメイクになってしまうのはNGです。つける分量を調節して理想の立体感を手に入れてください!

ホワイト系と言ってもパール感やラメ感の違いで随分印象が変わります。白浮きしないか不安な方でも実際に試してみる使いやすいものに出会えるはずです!

顔色を明るく見せるならピンク系

ピンク系ハイライトの特徴

ピンク系は血色をよく見せる効果があります。ピンク系のハイライトをつけることで明るい印象の肌を演出できるところが特徴です。

こんな人にオススメ

顔色が悪く見えがちなお悩みがある青みがかった色白さんには特におすすめ!標準肌〜の方にはピンクベージュもおすすめです。

肌の色に馴染むベージュ系

ベージュ系ハイライトの特徴

ベージュ系のハイライトは肌馴染みのいいカラーが特徴。悪目立ちなく光の力で立体感を得られ、ナチュラルな仕上がりを目指せます!

こんな人にオススメ

こちらもハイライト初心者さんにおすすめです!濡れ感のあるツヤ肌メイクにもオススメです。

ベージュ系と言っても暗くなるわけではなく、ナチュラルに光を取り入れる。という役割なので、どの色のチークやリップとも相性◎今のメイクにすぐに取り入れられるハイライトです! 

ワンポイントアドバイス

ベージュ系のハイライトはクリームタイプのものがたくさん出ています。ツヤ肌を目指したい方にオススメです。クリームタイプのハイライトはクッションファンデやリキッドファンデとの相性が良く、馴染ませることでナチュラルに光を取り入れることができますよ!

華やかさを演出するならゴールド・シルバー系

ゴールド・シルバー系ハイライトの特徴

ゴールド・シルバー系のハイライトは華やかさを演出できるのが特徴のハイライトです。ラメ感やパール感の強いものもあり、とにかく華やかさにはこのタイプ!

こんな人にオススメ

結婚式や二次会などのパーティーメイクには華やかさを演出することもTPOのひとつ。濃いアイメイクに抵抗のある人にも、普段のメイクに華やかさをプラスしたい人にもおすすめです。

ゴールド系は日焼け肌との相性も◎!グラマラスなメイクやヌーディーなメイクをしたい方にもおすすめです!

ワンポイントアドバイス

華やかさを演出!とはいえ、顔じゅうキラキラな過度なキラキラメイクにはくれぐれも注意です!全体のバランスやつける分量を調整して上品な華やかさを演出してくださいね。

使い方いろいろマルチカラータイプ

マルチカラータイプのハイライトの特徴

複数のカラーが入っているハイライトです。自分で色をミックスしたり、単色使いをしたりとその時の目的に合わせて使い分けができるのが特徴です。

こんな人にオススメ

様々な色が混ざることでマルチな才能を発揮してくれるのがこのタイプです!上級者向けなのでは?と思いがちですが、上品に光を取り入れることもできますよ。

透明感にはパープル系

パープル系のハイライトは、目周りに部分的に使用します。

パープル系ハイライトの特徴

パープル系など寒色系ハイライトは、目周りの黄くすみを抑えて透明感を与えてくれるところが特徴です。

こんな人にオススメ

目周りの黄くすみが気になる際は、パープル系のハイライトはそんな方におすすめです。パープル系のハイライトを使えば光でくすみを飛ばして透明感を演出できます。

ワンポイントアドバイス

パープル系のハイライトは、青みピンクのチークとの相性も良いです!

パウダーを薄く伸ばして使ってくださいね。パール感を抑えればオフィスメイクにもオススメです。

筆者の愛用ハイライトの紹介

同じ色でもパウダータイプとクリームタイプなど、種類によって仕上り感の好みや使い心地など違いがありますよね。

化粧品ブランドによってもそれぞれ特徴があります。プチプラから高級コスメ、ナチュラル系、日本のブランドと海外のブランド、と本当にたくさんのブランドがありますし、みなさんの好きなブランドもあると思います。そこでここからは、自分にあったハイライト選びの参考にしていただけるように、各ブランドの商品をご紹介します。

まずは、私がよく使っているハイライトを2つご紹介します!

CHANEL ボーム エサンシエル(本体価格5,500円)

CHANEL ボーム エサンシエル

写真出典:https://www.chanel.com/ja_JP/fragrance-beauty/makeup/p/complexion/foundations/baume-essentiel-new-baume-essentiel-p169050.html#skuid-0169050

THREE シマリング グロー デュオ 全2色(本体4,500+

 

THREE シマリング グロー デュオ 全2色

写真出典:https://www.threecosmetics.com/fs/three/bas-0303003

POINT!ハイライトを選ぶときの質感

ハイライトに商品名には、質感を表す用語が使われていることも多いです。ハイライトの質感は、下記の用語を参照してください。

 

用語意味
シアー薄く透き通ったイメージで透明感を出します。
シマー(シマリング)・パール
キラキラ輝きのある肌を演出。真珠や虹のような輝きで華やかに。
グロス(グロー)
艶、光沢がある。フレッシュな健康的な肌の演出をします。
POINT!ハイライトを入れる位置

ハイライトはTゾーンや顎先、目の下、Cゾーンに入れましょう。

色別!編集部が選ぶおすすめハイライト

さらに続けて、ハイライトの色のイメージをより具体的に掴んでいただくために、MYREVO beauty編集部がピックアップした商品をご紹介します。

ブランドの異なるハイライトを、カラーごとに2つずつ違う種類でピックアップしてみました!ブランドによって特徴もさまざま。ハイライト選びの参考にしてみてください!

イエロー系

MYREVO beauty編集部からのコメント>

ハイライトだけではなくチークと一緒になっているものもあります。すでに相性のいいカラーがセットになっていて、ブラシでのせるだけで◎ハイライト初心者さんにも安心ですね!ブラシが内蔵されているとお化粧直しにも助かります!

リキッドタイプのハイライトもあります。量を自分で調整しながら使うことができ、馴染ませて使うことで自然な発光感を演出できます。

 RMK クリーミィ シアーパウダーチークス 03 コーラルオレンジ 税込 4,320 円(本体価格4,000 円)

RMKハイライト

写真出典:https://onlineshop.rmkrmk.com/shopdetail/000000000876/cheeks/page1/recommend/

アディクション チークポリッシュ 価格:3,024(税込)

アディクション

写真出典:https://onlineshop.addiction-beauty.com/ItemDetail?cmId=315

ピンク系

MYREVO beauty編集部からのコメント>

リキッドタイプの中には下地と混ぜる、そのままハイライトとして。二通りの使い方ができるものもあるようです。ピンク系のハイライトは肌色を明るく見せる効果があるので、使うことで肌印象を変えることができます!ピンク系は種類も多いので、好きな色とラメ感、テクスチャーを探して見てください!

ジバンシイ タン・クチュール・ラディアント・ドロップNO.1 ラディアント・ピンク 税込¥6,804

ジバンシイ

写真出典:https://www.givenchybeauty.com/jp/p/タン・クチュール・ラディアント・ドロップ-F20100064.html

ローラ メルシエ フェイスイルミネーター 販売価格5,616円(税込)

laura mercier

写真出典:https://www.lauramercierjapan.com/item/detail/?item_code=217626

ベージュ系

MYREVO beauty編集部からのコメント>

ベージュ系は肌馴染みしやすいカラーなのでいろいろなタイプのものが各ブランドから出ています。好みのパール感を見つけられるととっても使いやすいハイライトカラーです。やはり、ベージュ系のハイライトは日本ブランドの商品が多いような気がします。

 

THREE シマリング グローデュオ 01 本体4,500+

THREE

写真出典:https://www.threecosmetics.com/fs/three/special-items/bas-0303003

ルナソル ラディアントスティック01 Sheer1色 3,000円(税抜)

ルナソル

写真出典:https://www.kanebo-cosmetics.jp/lunasol/product/details/basemake/b0201004/

ホワイト系

MYREVO beauty編集部からのコメント>

ホワイト系といってもやはりパール感や質感でずいぶん印象が変わります。クリアに近いものもあるので、実際にタッチアップしてみると使いやすさや効果を実感できますよ。

 

NARS ハイライティングパウダー4,860(税込)

NARS

写真出典:https://www.narscosmetics.jp/highlighting-powder/868001.html?dwvar_868001_color=5220&cgid=cheeks

ヴィセ アヴァン

visse AVANT

写真出典:https://www.kose.co.jp/visee/avant/base/spotlighting_stick.html

ゴールド系

<MYREVO beauty編集部からのコメント>

ゴールド系のハイライトはグラマラスなメイクにピッタリ!パーティーメイクだけでなく、ヌーディーなサマーメイクとの相性も◎せっかくゴールドのハイライトを選ぶなら海外ブランドを!なんていうのもアリですね!

YSL ラディアントタッチシマースティック 6,000(税抜)

YSL

写真出典:https://www.yslb.jp/?p_id=Y20301

RMK グロースティック GD 税込 2,160 円(本体価格 2,000 円)

RMK グロースティック GD

写真出典:https://onlineshop.rmkrmk.com/shopdetail/000000000183/foundation/page1/recommend/

マルチカラータイプ

<MYREVO beauty編集部からのコメント>

マルチカラータイプのカラフルなパレットは女子ゴコロをくすぐりますね♡上級者向けに見えますが、優しい色合いのものを選ぶことで初心者さんにも、気分によって組み合わせを変えたい上級者さんにもGOOD!やはりジャパンブランドは色味が優しい印象です。

ナチュラグラッセハイライトパウダー 本体3,800

naruraglace

写真出典:https://www.naturaglace.jp/products/detail/46

マキアージュ ドラマティックムードヴェール 販売価格2,700円(税込)ケース(ブラシ付き)別売り

マキアージュ

写真出典:http://www.shiseido.co.jp/sw/products/SWFG070410.seam?shohin_pl_c_cd=748901&online_shohin_ctlg_kbn=1

パレットタイプ

<MYREVO beauty編集部からのコメント>

パレットのようにいくつもの色が入っているものだとその日のメイクに合わせて使い分けることもできますね!海外のものはパール感が強いことがあるので、手元で試してみてからのご購入を!

NYX ラブユーソーモッチハイライティングパレット 02 カラーアーケードグラム 2,100円(メーカー希望小売価格)

NYX ラブ ユー ソー モッチ ハイライティング パレット 02 カラー ・ アーケード グラム

写真出典:https://www.nyxcosmetics.jp/love-you-so-mochi-highlighting-palette/800897140786.html

rms beauty ルミナイザークワッド 6,200

rms beauty

写真出典:https://www.rmsbeauty.jp/shopping/300-RMS-203.html

さいごに

立体感や透明感、肌悩みまでも解決してくれるハイライト。

自分にあったカラーを選び、パール感や質感などを使い分けることによって華やかさもプラスできますよ

自分にあった色のハイライトを使って、綺麗を印象付ける輝き肌を演出してみてくださいね!

この記事を書いた人
TOKIKO
メイクアップアーティスト
LINE友達申請
無料会員登録