良い姿勢を手に入れたい人が最低限知っておくべきこと

鳥海愛依

皆さんは「良い姿勢」と聞いてどんなイメージをお持ちですか?

「背筋を伸ばせば簡単に作れる」「胸を張って背筋をピン!としていて疲れる」など、良い姿勢は疲れるもの。逆に、良い姿勢は胸を張って簡単に作れるもの、こう思っている方も多いのではないでしょうか。

 

実はそれ、大きな勘違いだって知っていましたか?

おそらく気づいていない方がほとんど!良い姿勢は『背骨が緩やかなS字』を描いていて、どこにも力みがなく軽くて快適な姿勢のことを言います。

姿勢が悪いと感じている方のほとんどが、胸を突き出した正しいと思われる姿勢で過ごし逆に疲れを引き起こす無限ループに陥っていることに気づいていますか?

姿勢は長い年月をかけて身体に染み付いているため正しい姿勢を維持するのは思ったよりも大変なのです。そんな、簡単には変えられない姿勢を、良い姿勢に手っ取り早く変えられる方法について、今回はお伝えしたいと思います。

良い姿勢のメリット

良い姿勢の見本

ふいに撮られた写真の姿にがっかりしたことはありますか?

それこそが普段の姿勢。「えー!?信じたくない~!!」と思うと思いますが、姿勢作りのはじめは常に意識を向けて、自分の姿勢がどうなっているかを観察することが必須になります。そんな今の肩がすくんでいませんか?

 

悪い姿勢の代表として「猫背」があげられます。

背中が丸まり首と顎(あご)が体よりも前に出ている…。これでは見た目が実年齢よりも老け見えたり、やる気がなく疲れた印象に。帰宅ラッシュの電車内を見渡すと猫背で疲れた雰囲気の方が沢山いますよね。猫背はいわば重力に負けている姿勢。最初は楽でも時間が経つと逆に疲れる猫背は、肩こりや頭痛、浅い呼吸、体の歪みやむくみの原因になるなど様々なデメリットがあります。

 

人間は二足歩行をするようになり身体の中で重い頭が高い位置にあります。この頭の位置の変化で姿勢が歪み、肩こりや首コリになったり、身体全体の不調を引き起こします。

では、良い姿勢はどんな効果をもたらしてくれるのでしょうか。

1.体が軽く楽になる

「良い姿勢」とは頭を正しい位置に置き、背骨本来の緩やかなS字ラインに整えていきます。

良い姿勢が取れていると、筋肉や骨の位置が正しく配置されるので身体は省エネモードになり疲れにくく軽い。良い姿勢で掃除機や洗濯物などの家事も体は疲れるどころかちょっとしたエクササイズにもなり一石二鳥。

2.体の悩みが解消される

美人でスタイルも良い女性が猫背でのろのろと歩いていたらどんな印象を受けるでしょうか。

「もったいない」「台無し」など残念な印象を持たれるのではないでしょうか。

良い姿勢とは正しく筋肉を使えている状態。すなわち、良い姿勢でいられるとぽっこりお腹や二の腕のたるみなど体の悩み、肩こりや腰痛なども解消され快適な日々が待っています!

姿勢が良い人がスッとスマートに歩いていく姿を見たことがありますか?逆に姿勢が悪い人は歩くのが遅く、歩いていること自体が大変そう。歩く速度に差が出る原因は、足の裏が使えていなかったり、全体的に筋力不足だったりと原因は様々ですが、姿勢が良い人というのは自然と歩くのが早く颯爽としていますよね。

 

階段を登る動作一つでも、姿勢が整っていると階段自体がツライものではなく、重力に負けていないので軽やかな印象に。姿勢が整うことで見た目も若く見え、筋肉を上手に使えることで基礎代謝が上がり、血流が良くなることで体調が良くなり、自分に自信が持てるようになります。

自分の姿勢を客観的に見つめる

鏡で姿勢を確認する女性

仕事やダイエットにも言えることですが、まずは今の自分を見つめ直す「自分棚卸し」が大切になります。

自分の姿勢はどうなのか、まず客観的に自分の姿を見てみましょう。鏡の前に立つ、写真を撮ってみる、ショーウィンドウで自分の姿を見てみる。方法はなんでも構いません。自分の現状把握をすることで修正すべき点が見えてきますのでやってみると色々な気付きが得られます。

プロに頼る

手っ取り早い方法ですがこれが一番の近道!

「良い姿勢」とインターネットで検索をすると「簡単に良い姿勢になれる」というような記事や動画があふれていますが、それを見て本当に良い姿勢を作れる人はごくわずかでしょう。自己流で自分の体を知るには『左右の肩の高さが違う』や『腰が反っている』などわかりやすいものは判断できますが、染み付いた体の使い方の癖や重心の微妙なズレなどはご自身で判断するには難易度がかなり高くなります。

 

自己流でゴルフの上達を目指すより、プロに正しいフォームなどを習いさらには自分では気付きにくい体の癖などを指摘してもらった方が上達が早いのと同じで、自分一人の力で変えようとする努力も素晴らしいですが、姿勢のプロの先生に頼るのが最も効率の良い方法だと言えます。

継続は力なり

例えば、週一回のピラティスを60分、先生に教えてもらってすぐは正しい姿勢になったとしてもすぐに元どおり!こんな経験はありませんか?

レッスンで習ったことを自宅で再現しようにも、そういえばあんまり覚えていないかも!?週三回くらい通うのが理想的ですが、お仕事をお持ちの方はそうもいかない…。

結果を早く求めすぎず長いスパンで気長に1年、23年と「継続」することで正しい姿勢が習慣化し、体の細部まで意識ができるようになり、腰痛や肩こりから解消されます。まずは1年間諦めずに続けてみてください。正しい方法を知っておけば最も短いスパンで効率的に体を変え、効果を実感することができます。

この記事を書いた人
鳥海愛依
モンローヒップトレーナー
LINE友達申請
無料会員登録