ヨガインストラクターを目指す方へ、資格の効果・種類・取り方を詳しく解説

斉藤 玲奈

「ヨガインストラクターになりたい!でも、どうやったらなれるの?」

「ヨガの資格っていくつも種類があるみたいだけど、どれをとったら良いのだろう。」

「そもそも資格持ってないとインストラクターにはなれないのかな?」

ヨガを教えたい!と思っても、色々な疑問が浮かびますよね。ヨガインストラクターの資格は国家資格ではなく民間資格なので、様々な教会や流派で発行されています。それゆえ、どれを選んだら良いのか、いくらかかるのかなど、お悩みポイントも多いもの。

 この記事ではヨガインストラクターを目指している方へ向けて、資格の種類や取り方、そのあと実際にヨガインストラクターになるまでにはどうしたら良いのかなどの流れを、現役のヨガインストラクターがご紹介していきます。

ヨガインストラクターになりたいな、と思っている方は是非参考にしてみてくださいね。

無資格でもヨガインストラクターになれる

  

そもそも、ヨガインストラクターになるためには資格は必要なのでしょうか?

結論から言うと、資格がなくてもヨガインストラクターになることはできます。と言うのも、ヨガインストラクターになるための国家資格のような公的な資格は存在しないのです。現在ヨガの資格として存在しているものは民間の団体が発行している民間資格。ですから、これらの資格はヨガインストラクターの必須条件ではなく、ヨガのスキルを図る目安となっています。

 実際、大手ヨガスタジオの雇用条件で経験不問としているところもあります。ですので、ヨガの資格がないとインストラクターとして働けないというわけではないのです。このようなスタジオは採用後に社内制度で資格を取れるようになっているところが多いので、入ってから資格をとるのもありかもしれません。

ヨガインストラクター資格のメリット

では、資格がなくてもヨガインストラクターになれるのに、なぜ多くのインストラクターはわざわざ資格を取るのでしょうか?それは、資格を取る事のメリットがあるから。例えば以下のようなメリットがあります。

ヨガ資格を取ることのメリット
  • 講師採用時に資格がヨガスキルの証明になる
  • 資格講座にてヨガの知識を深く学べる
  • 資格を持っていることで生徒からの信頼度が上がる
  • 資格を持つ事で自分に自信がつく
  • 資格を取った団体からの繋がりで仕事をもらいやすい場合もある
  • 資格講座を受ける中で人脈構築ができる

 

 資格を取るには時間もお金もかかりますが、その分得られるものも多いので資格を取得する方は多いのです。

ヨガの資格を発行している主な団体3

ヨガの資格を発行している団体は本当に様々です。今回は、その中でも主な団体を3つご紹介します。

全米ヨガアライアンス

全米ヨガアライアンスは1990年代にアメリカで設立された、国際的に最も知名度が高いヨガ協会です。ここが認めている資格は以下の通り。

全米ヨガアライアンスの資格
  • 全米ヨガアライアンス認定200時間 (RYT200
  • 全米ヨガアライアンス認定500時間 (RYT500(RYTRegistered Yoga Teachers)
  • 全米ヨガアライアンス認定200時間 (ERYT200
  • 全米ヨガアライアンス認定500時間 (ERYT500)(ERYTExperienced Registered Yoga Teacher
  • 全米ヨガアライアンス認定マタニティヨガ (RPYT
  • 全米ヨガアライアンス認定キッズヨガ (RCYT

 

200時間」や「500時間」というのはカリキュラムの修了時間のことを表しています。ですから例えばRYT200よりRYT500の方がより深い学びが必要で、上位の資格と言えるでしょう。

また、アメリカで設立された団体ではありますが、日本国内に認定スクールも多いので日本で講座を受けることができます。

世界で通用する資格であり、かつ知名度が一番高いということで、全米ヨガアライアンスの資格は最もスタンダードだと言えるでしょう。

全日本ヨガ協会

国内でヨガ資格を発行している団体の中で知名度の高い団体です。ヨガを通して地域社会に暮らす人々の美容・健康・ストレス解消、そしてコミュニティーを広げることを目的としている団体で、発行している資格は以下の通りです。

全日本ヨガ協会の資格
  • 1級 SENIOR シニア(認定スクール独立開業プログラムが可能)
  • 2級 ADVANCE アドバンス(認定教室独立開業プログラムが可能)
  • 3級 MASTER マスター(認定スクール及び教室でインストラクターとして指導が可能)

 

ヨガを学ぶ目的に応じた資格を取ることができます。

日本ヨガインストラクター協会

ワンランク上の美容・健康・ストレス解消を目的に、47都道府県に技術・ホスピタリティの兼ね備わったヨガインストラクターを育て、各地域だけでなく、医療/福祉の現場へもヨガを広めることを目的としている組織で、認定資格は以下の通りです。

日本ヨガインストラクター協会の資格

  • 1級(「認定校」を開設可能)
  • 2級(「認定教室」を開設可能)

 

資格の種類によって教室を開けたり、認定校を開けたり、できることが変わってきます。

どの団体で資格を取るのが良いのか

 

どの団体で資格を取るのが良いのかは人それぞれの目的や状況によって変わってきます。ポイントごとに考えてみましょう。

ヨガの資格を取る目的の整理

まずはご自身で資格を取る目的を整理してみましょう。その後で自分の目的に合った資格はどれなのかを考えていきます。

例えば、ヨガ好きが高じてスタジオに通いながら独学でヨガの知識も勉強していた中、インストラクターになりたいと思った方の場合。ヨガの資格を取る目的は、ヨガの知識をつけることよりもヨガ講師採用時に自身のヨガスキルをスムーズに証明できるようにすることかもしれません。その場合は知名度が高いヨガの資格を取ることが重要ですよね。

また、別の場合だと、ヨガの経験が1年未満の初心者だけどもヨガに魅了されてヨガインストラクターを目指す場合もあるかもしれません。体系的なヨガの知識が身についていないと思っていたら、教育がしっかり整っている団体で資格を取るのが良いでしょう。

 このように、ご自身の資格取得の目的をはっきりさせてから、どの団体で資格を取るのかを見定めてみましょう。他にも特定の流派を深く学べるヨガの資格を発行している団体もあります。 

斎藤先生 ただ、特にこだわりがないのならば先ほど紹介した団体など、認知度の高い団体で資格を取るのがおすすめです!

通いやすさの観点

目的以外にも、ご自身の現在の仕事や家庭の状況によっても選び方は変わってきますよね。例えば土日しか時間が取れないと言う方は、土日集中コースのような講座を用意している団体が良いですし、仕事が不定期な人は、講座の日程を好きなように決められるような単位制の講座を開いているところが良いかもしれません。逆に、決められた時間で講座を受けたい人は定期受講コースが受けられる団体で受けた方が良いかもしれません。

費用の観点

さらに、値段も団体や資格を取る場所によって差があります。安いものですと10万円以下もありますが、多いのは30~60万円あたり。それ以上の金額の講座も数多くあります。授業内容の充実度や時間にある程度関わってくる部分でもあるので、安さだけを追い求めるのではなく、講座内容が自分で納得できるかということと金額を天秤にかけて考えていきましょう。

斎藤先生 このように目的・ご自分の生活スタイル・費用を考慮して、資格を取る団体や場所を決めていくと分かりやすいかもしれませんね!

ヨガインストラクター資格を取得するまでの流れ

ヨガ資格は民間資格であるがゆえに、資格の数は無数にありますし、それに対応して資格をとるまでの講座の内容にも様々な種類があり、資格によって内容はかなり異なってきます。

今回はヨガの資格で一番スタンダードな全米ヨガアライアンス認定200時間(RYT200)についてご紹介していきます。

斎藤先生 私は、全米ヨガアライアンス認定200時間(RYT200)を取得しています。

ヨガの資格で迷ったらこれをとっておけば間違いない!というくらい信頼性も高く、稀にRYT取得をヨガインストラクターの採用条件にしているスタジオもあるので、そういう意味でもこの資格は安心かなと感じます。

 私は短期で約1か月ハワイに行って資格をとったのですが、海外で気分を変えてヨガの講座に集中できましたし、旅行や以前の職場の社員研修で行き慣れており、安全面でも心配ないと思い、ハワイの短期コースを選びました。何か新しい事を始める時に環境を変えるタイプな私には、このコースがぴったりでした!

 RYT200は、自分の体でポーズができるようになることと、指導ができるようになること、筋肉や内臓についてなどの基本的な解剖学などを学べるように講座が組まれています。その上で、哲学のクラス・アーユルヴェーダのクラス・マタニティのクラス・ヨガビジネスのクラスが内容に含まれている場合もあります。

 ですから、ヨガのインストラクターになってから、ビジネスとしてどのように活動して行くかも勉強できる構成になっています。一連の講座を受けた後で最後に試験をするのが大まかな全体の流れになっています。

最短でヨガインストラクター資格を取得する方法

資格を取る際に気になるポイントの1つに、受講期間がありますよね。例えば全米ヨガアライアンスの200時間のコースを修了する場合、週14時間受けるとして、単純計算でも1年ほどかかります。ですが、人によっては短期集中で一気に資格を取りたい!そんな方もいますよね。そんな方向けに短期で合宿のようにヨガの資格を取る方法もあります

例えば、全米ヨガアライアンスの200時間のコースでいうと、ハワイやセブ島にて約1ヶ月でヨガの資格が取れるコースがあります。海外の雰囲気を味わいながら資格を取りたい人にはばっちりです。短期集中型な私自身、ヨガインストラクターとして活動するにあたって心機一転環境を変えたかったのと、旅行や以前の仕事での社員研修で馴染みがあったのでハワイで資格を取りました。

他にも、日本国内でも短期集中合宿を受けることでヨガの資格を取ることができます。一番短い場合、過密スケジュールではありますが2週間ほどの集中講義でRYT200を取れるコースもあります。短期の場合、比較的値段が低めな傾向があるので、数週間のまとまった期間を捻出できるならば費用の面でも良いかもしれません。

RYT200以外ですと3日間でヨガの資格を取れるという講座も存在します。しかし、ある程度知名度の高い資格を取るとなるとやはりどんなに短くても2週間はかかるのが一般的かもしれません。

ヨガの資格を取得した後にやるべきこと

ヨガの資格を取得した後に実際にヨガインストラクターとして働くまでにはいくつかパターンがあります。今回は3つのパターンをご紹介します。

求人を探す

現在は「ヨガ講師 募集」などと検索するだけで様々な求人があります。そこから自分が働きたい地域や条件を絞りながら働きたいところを見つけ、エントリーしてみましょう。

自分で営業をしに行く

自分が通っていたヨガスタジオや憧れのスタジオがある人もいるかもしれませんね。その場合は自分から話をしてみましょう。インストラクターに空きがなくても、代行として声をかけてもらえたり、空きが出た時に声がかかったりすることがあります。

紹介をしてもらう

卒業したクラスで働き先を紹介してもらえる可能性もあります。しかし、クラスを受ける生徒さんは一人や二人ではないので、生徒全員の就職先を手配するのは難しいのが現実です。ヨガの先生は足りてないと言われているようなので、自分から動いていけば教える場所はいっぱいあると思います。

 

いかがでしたでしょうか。ヨガの資格は本当に様々ですが、ご自身にぴったりなところものを見つけてみてくださいね。

この記事を書いた人
斉藤 玲奈
ヨガインストラクター
LINE友達申請
無料会員登録