函館マラソン2019大会レポート【写真とともに振り返る】

倉本 岳
今回の記事は私が代表を務めるMorning Running Clubの走るカメラマン遠藤さんが撮影された写真とともに、2019年7月7日に開催された函館マラソンの魅力を振り返って行きます。

ランナー視点での写真はとても貴重です。遠藤さんによる函館マラソンのレポートを是非お楽しみください。

 

※走るカメラマン遠藤さんご自身のお写真

マラソンランナー

―以下の文章は遠藤さんより― 

函館マラソンの特徴

ポスター

フル・ハーフ合わせて約8000人が参加した大会です。津軽海峡と函館山を一望できる「漁火通」や函館の観光名所である「赤レンガ倉庫」など、函館の魅力を満喫できるコース設計になっています。

 

今回参加した第4回函館マラソンは77日に開催されました。夏の開催ですが、当日の気温はスタート時が18度、最高気温も21度ととても走りやすい気候でした。

 

また、36キロ地点の手前にあるエイドがすごく豪華で、夕張メロンやウニやイクラの乗った海鮮丼などが用意されています。函館の観光も色も合わせて楽しめる、とても魅力的な大会です。

コースの特徴

コースの特徴

函館駅から路面電車に乗って15分ほどした場所にある、千代台公園陸上競技場が函館マラソンのスタートとゴールです。

 

(陸上競技場 撮影:遠藤晃)

陸上競技場

ハーフマラソンは9:00、フルマラソンは9:10のスタート。

 

(スタートの様子 撮影:遠藤晃)

スタート 

スタートから約8キロはアップダウンもなくほぼ平坦なコースです。周りの景気は建物が多く住宅街を走ります。ハーフマラソンのランナーがフルマラソンよりも10分早くスタートしているので、コースの反対車線に彼らを眺めることもできます。

 

8.3キロ地点手前 撮影:遠藤晃)

 8.3キロ手前

10キロ手前に上り坂があり、17キロ過ぎくらいまでアップダウン続きます。高低差は約30m弱程度です。レース序盤の坂のためそこまで疲労感を感じることはありませんでしたが、約7キロ平地がなくアップダウンが続くため、初めて走る方は心して参加した方が良さそうです。

 

8.3キロ地点過ぎの坂 撮影:遠藤晃)

8.3キロ過ぎ白い恋人の看板 

10キロ地点手前の坂 撮影:遠藤晃)

 10キロ手前まで

15キロ地点緩やかな下り坂 撮影:遠藤晃)

15キロ過ぎ 

17キロ過ぎからは25キロくらいまでの約8キロはほぼ平坦なコースのため、タイムの稼ぎどきです。17キロ過ぎにある「湯の浜ホテル」の前では、仮装をした人たちが応援をしてくれていました。ハイタッチをして気合を入れてレースの中盤に向かうことができました。

 

17キロ過ぎの応援 撮影:遠藤晃)

 応援の方 

さらにこの区間は津軽海峡を左手側に見ながら走ることができます。

 

21キロ地点の写真2枚 撮影:遠藤晃)

21キロ地点の写真 海の写真 

この区間は海風もなく、とても走りやすいコースとなっています。ハーフ地点を超えると、スタートから3つ目のエイドがあります。そこでは「羊かん」が配られていました。

 

21.5キロ地点のエイド「羊かん」 撮影:遠藤晃)

 羊かん

「羊かん」は函館マラソンのデザインの包み紙に包まれていました。握るだけで羊かんが出てくるようになっていたため、走りながらでも食べやすかったです。味はとっても甘く、少し喉が乾きました(笑)

 

25キロ地点手前 撮影:遠藤晃)

 電車

25キロを過ぎると津軽海峡沿いを離れて、15mほどのアップダウンが「登る→降る→登る→降る」と続きます。

 

ハーフを超えた時点なので、このアップダウン自体は乗り越えられましたが、25キロ過ぎのアップダウンはレースの終盤に疲労としてかなり足に効いてきました。

 

レースの後半にかけては大きな登りが2箇所あります。ともに15メートル前後の高低差がありました。

 

30キロ過ぎ 撮影:遠藤晃)

 32キロ過ぎの橋 32キロ過ぎの橋2

32キロ地点 撮影:遠藤晃)

 32キロ過ぎの橋

足元は平らでとても走りやすいですが、特にともえ大橋は距離が長く全長が2キロ。道の両サイドの敷居が高く、この期間あまり景色は見えません。レースの終盤のともえ大橋はランナーにとって踏ん張りどころと言えそうです。

 

35.8キロ時点には緑の島という場所に、メロン、海鮮丼、塩ラーメンのエイドがあります。

 

35.8キロ地点 撮影:遠藤晃)

夕張メロン

メロン

海鮮丼

ラーメン 塩ラーメン   

夕張メロンはすごく甘くて美味しく、エイドで提供してくれている人もとても優しく、一人何個までなどの制限もなく3個ほどいただきました。海鮮丼は、ウニとホタテ、いくらとカニが入っておりなんとも豪華。小さいレンゲに一口サイズで盛り付けられており、とても食べやすかったです。塩ラーメンは、お箸がついていて立ち止まっていただきました。

 

36キロ地点手前 撮影:遠藤晃)

日が出てきた 

エイドを過ぎると陽が出てきました。最高気温21度とは言え陽が出るとやはり暑く感じます。ほとんどのランナーが水浴び場で水を浴びていました。

 

37キロ地点 撮影:遠藤晃)

赤レンガ地点での応援

レース終盤のこの区間は函館の観光名所「赤レンガ倉庫」の横を走ることもできます。また下の写真の右上に霧がかかっているのが函館山です。

 

37キロ地点 撮影:遠藤晃)

赤レンガ2

今回は曇っていて残念でしたが、天候が良いと函館山が頂上まで綺麗に見えるそうです。函館山から見える夜景はとても有名なので、今後函館マラソンに参加される方は、レース前後にぜひ登ってみてください。

 

そして、レース終盤市街地を走る抜けて、陸上競技場に戻ってくると無事ゴールです。

 

(ゴール地点 撮影:遠藤晃)

 ゴール

函館マラソンのメダルは五稜郭の形をモチーフに作られていました。函館マラソンは私自身2016年に続いての2回目の参加でしたが、16年のとき完走メダルはありませんでした。メダルができたのは今回の大会からだそうです。函館マラソンの初のメダルをもらえて感無量でした。

 

(完走メダルとタオル 撮影:遠藤晃)

函館マラソンレース写真 

タオル 

まとめ

遠藤さん

アップダウンがたくさんあり、約1.2キロの一眼レフのカメラを持って5時間30分以内で完走できるか不安でしたが、応援やエイドがたくさんありそこそこ良いタイムで完走することができました。

 

レース後半は「ともえ大橋」があり、タフなコースでしたがレース終盤は赤レンガ倉庫や、函館山などの観光名称があり楽しみながら走ることができました。

 

函館マラソンはエイドが豊富なのでぜひ参加する方には楽しんでいただきたいですが、制限時間が5時間30分なので余裕を持ってエイドを楽しむためにも力をつけてからぜひ参加してみてください!

この記事を書いた人
倉本 岳
ランニングクラブ代表
LINE友達申請
無料会員登録