【管理栄養士監修】二日酔いを防ぐ コンビニの食材だけ 枝豆のペペロンチーノ風

淵江公美子

ビールのおつまみといえば、枝豆を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。実は、ビールと枝豆の組み合わせは、栄養学的にもとても理にかなった組み合わせなのです。枝豆に含まれる「メチオニン」という成分がアルコールの分解を促してくれます。

そこで今回は、コンビニ食材だけで作れる簡単なおつまみレシピをご紹介いたします。いつも食べている「枝豆」がちょっとした工夫で、おしゃれなおつまみに変身しますよ。

レシピ

2食分

調理時間 10分

材料

  • 枝豆(冷凍) 200g
  • オリーブ油 大さじ1
  • にんにく(チューブ) 2cm
  • 塩、こしょう 各少々

作り方

  1. 枝豆(冷凍)は、流水で解凍しておく。
  2. フライパンにオリーブ油を中火で熱し、にんにくを入れて軽く炒める。
  3. 塩、こしょうで味を調える。

一人分栄養価

  • エネルギー 217kcal
  • たんぱく質 13g
  • 脂質 13.6g
  • 糖質 3.9g
  • 食物繊維 7.3g
  • 食塩相当量 1.0g

枝豆に含まれる「メチオニン」がアルコールの分解を促してくれる。

枝豆には「メチオニン」という成分が含まれており、アルコールの分解を促してくれます。また、枝豆に含まれるビタミンB1がアルコールの代謝を促進させてくれます。枝豆にはカリウムも豊富なため、むくみ解消効果も期待できます。

それから、枝豆には「オルニチン」と言われるしじみにも含まれる成分が入っているのもご存知でしたか。オルニチンは、肝機能を正常に保つために必要な栄養素です。

まさに枝豆はお酒を飲むときにはぴったりな食材と言えます。

冷凍枝豆の栄養価は多い?少ない?

冷凍枝豆は旬のものを急速冷凍しているものがほとんど。栄養価も旬のものに近いので、冷凍枝豆の栄養価は旬の時期に収穫した枝豆とほとんど変わらないと言えるでしょう。

一度解凍したものは鮮度が落ちてしまうので、早めに食べましょう。いつもの冷凍枝豆も少しアレンジすることで、食卓が華やかになりますよ。

ぜひ作ってみてくださいね!

この記事を書いた人
淵江公美子
LINE友達申請
無料会員登録