横浜みなとみらいエリアのランステ・ランニングコース紹介!THE SPACE(ザ・スペース)

倉本 岳

今回ご紹介するランニングステーションは、横浜市の中区にあるTHE SPACE(ザ・スペース)です。

ランステの近隣には、山下公園、大桟橋、赤レンガ倉庫などみなとみらいを存分に楽しめるランニングコースが充実。海を見ながら走れるのが大きな魅力です。

今回はそんなTHE SPACE(ザ・スペース)の魅力をご紹介します!

倉本 岳
参加者3000名を超える都内最大級のランニングチーム「Morning Running Club(通称モニラン会)」の代表。フルマラソンの自己ベストは3時間26分。

ランステの基本情報

ランステ外観

THE SPACE(ザ・スペース)は、横浜みなとみらいにあるランニングステーション。

アクセスは、JR 関内駅、市営地下鉄から徒歩約5分、みなとみらい線の日本大通り駅、馬車道駅いずれからも徒歩約4分の駅近です。

アクセス
〒231-0007
神奈川県横浜市中区弁天通2-25関内キャピタルビル 201
■JR:関内駅南口 7分、北口 6分
■みなとみらい線:日本大通り駅2番出口 4分、馬車道駅 7番本町通り口 4分
■市営地下鉄:関内駅3番出口 5分
営業時間
■平 日 7:00〜14:00・16:00〜22:00
■土日祝 8:00〜19:00 (最終受付はいずれも閉店1時間前)
■定休日 毎週月曜(祝祭日は営業)
※悪天候やイベント開催時等、早じまい・臨時休業の場合あり
利用料
■ランニングビジター:650円/回
■自転車一時預かり:350円/時間
■自転車ビジター:1,350円/回
※この他、メンバー料金プランなどもあり。
レンタル
■バスタオル:200円
■スマホ用アームポーチ:100円
■ランニングシャツ、ランニングTシャツ、ランニングパンツ:それぞれ100円
■コンプレッションタイツ:200円
■ウインドブレーカー:200円
近隣コース 横浜みなとみらいの海沿い、山手地区の坂道エリア
HP https://thespace.jp

店内の雰囲気

ランステ内は、ランナーのモチベーションを高める最高の空間が作られていました。マラソン大会のゼッケンが天井一覧に貼られています。

店内写真

ゼッケンは、THE SPACE(ザ・スペース)の利用者が、大会が終わると持ってきてくれるのだそう。マラソン大会を経験したことがある人ならば、大会を完走した感動や、あと少しで目標のタイムに届かなかった悔しさが蘇りますよね。

店内の写真

これから走るぞ!と言う気持ちが高まる最高の雰囲気でした!

さらに、店内には自動販売機や、ランニング雑誌の最新刊もおいてありました。

店内の様子

走り始める前に、雑誌でランニングフォームの確認ができるのは便利です!

受付で、利用料(ランニングビジターは650円)を支払いロッカーの鍵を受け取るのですが、このロッカーの鍵は、走りに行く前に受付で預けます。ランニングステーションによっては、鍵を持ったまま走りに出るところも多いですが、THE SPACE(ザ・スペース)は受付で預けることができるため、鍵のことを気にせずに快適に走ることができます。ランナー視点で考えられた、細やかな配慮が嬉しいですね。

更衣室の雰囲気

更衣室のロッカーには、かっこいいランナーの写真がデザインされていました。

ランニングのかっこいい写真は、走るモチベーションが高まります!

ロッカー室の様子

さらに更衣室には、椅子とランニングシューズ置きも用意されていました。カバンからランニングシューズを取り出すとき、ランニングシューズを(床に置くわけにもいかないし…)どこに置けば良いものか…と、思ってしまうときがありますが、シューズ置きがあるのは便利です。椅子に座って、靴下を履き替えることもできるので、着替えがしやすい配慮のこもった更衣室でした。

シューズ置き

おすすめランニングコース

鍵を受付に預けたら、ランニングスタートです。

THE SPACE(ザ・スペース)周辺のランニングコースの見所と言えば、やはり横浜みなとみらいのベイエリア。山下公園や、大桟橋、赤レンガ倉庫など、横浜みなとみらいの見所満載です。

山下公園

山下公園海沿い

THE SPACE(ザ・スペース)から走ること数分。海を見ながらで走ることができる山下公園は、THE SPACE(ザ・スペース)を訪れたら必ず立ち寄ってほしいランニングコースです。

 

横浜市指定有形文化財に指定されている氷川丸や、みなとみらいエリアの景色を一望しながら走ることができます。

氷川丸の外観

みなとみらいの景色

大桟橋〜赤レンガ倉庫エリア

山下公園から海沿いを走っていくと、横浜港の玄関口である大桟橋(横浜港大さん橋国際客船ターミナル)、赤レンガ倉庫へと向かうことができます。

 

大桟橋(おおさんばし)は、国際的な港として週末には大きな客船が止まっていることもしばしば。迫力の客船を横目に、海の上を走っているような感覚でランニングを楽しむことができます。

大桟橋

全長は約500メートルもあるため、端から端まで往復することで約1キロの走行距離を稼ぐことができますよ。

大桟橋からさらに海沿いに進むと有名な赤レンガ倉庫があります。今回訪れたのは日中でしたが、夜は赤レンガ倉庫がライトアップされることも多いので、ナイトランにもおすすめのエリアです。

赤レンガ倉庫

港の見える丘公園

港の見える丘公園

港の見える丘公園は、THE SPACE(ザ・スペース)から走って約1キロ以内に到達することができます。

公園の入り口がこのような階段になっており、階段をダッシュして足腰のトレーニングが可能。頂上の公園までのルートは、まさにトレイルランニングをしているかのようです。

公園の階段

森林のコース

森林の中を駆け抜けるのはとても爽快な気分で、リフレッシュ効果抜群でした!

今回訪れたのは春だったため、公園にはきれいな花がたくさん咲いていました。丘の上からは、横浜のベイブリッジを遠くに眺めることもできました。

港の見える丘公園の景色

港の見える丘公園の景色

横浜マラソンの終盤コース

横浜みなとみらいと言えば、横浜マラソンのコースでもあります。THE SPACE(ザ・スペース)は横浜マラソンへの出場予定の方にはぜひおすすめしたいです!山下公園の入り口から赤レンガ倉庫までは、横浜マラソンの約40キロ地点から、41キロ地点に当たります。

<約40キロ地点付近「山下公園」>

横浜マラソンコース

<約41キロ地点付近「赤レンガ倉庫」>

横浜マラソンコース

この景色を見るだけで、2回出場した横浜マラソンのレース終盤の苦しい時間帯を思い出します!

横浜マラソンに出場予定の方にとって、実際のコースで練習を詰めるのはとても良い環境ではないでしょうか。

番外編:横浜の坂道コース

コース紹介の最後は番外編です。

実は横浜は、非常に坂が多い地域です。THE SPACE(ザ・スペース)からベイエリアには向かわずに、内陸部へ走っていくと、たくさんの坂道コースが待ち受けています。

横浜の坂

坂道コースは、ランナーにとって足腰を鍛える絶好のコースであり、坂を上りきったときに見える景色は広々としていて小さな達成感を感じながら練習を積むことができます。ぜひ横浜の坂を駆け抜けてみてください。

最後に

THE SPACE(ザ・スペース)の周辺には、ランニング後の楽しめる様々なスポットも満載です。THE SPACE(ザ・スペース)から歩いて10分以内には、有名な中華街や、横浜スタジアムもあります。走り終わった後に、中華街や野球を楽しむこともできますよ。

横浜のベイエリアを満喫できて、ランナーより沿ったランステ、THE SPACE(ザ・スペース)で横浜みなとみらいエリアのランニングを楽しみましょう。

ぜひ一度足を運んでみてください!

この記事を書いた人
倉本 岳
ランニングクラブ代表
LINE友達申請
無料会員登録