駒沢公園周辺のランステ紹介!RUNNING STATION TRANSIT(ランニングステーショントランジット)

倉本 岳

Transit(トランジット)は、駒沢公園周辺のランニングステーションです。

駒沢公園は一周約2キロ、ランニングコースにアップダウンも少なく、週末は多くの市民ランナーで賑わいます。

 

Transit(トランジット)は、そんな駒沢公園の入り口のすぐ隣にあり、駒沢公園周辺でのランニングを考えている方は抑えておきたいランステです。

 

また、Transit(トランジット)を運営しているのは、早朝スイムを基軸としたトライアスロンスクールの「SUNNY FISH」。オーナーの平松さんは、トライアスロンの元日本代表選手です。 トライアスロンの元プロ選手が運営するランステとはいったいどんなランステなのでしょうか。

倉本アイコン 詳しくご紹介していきたいと思います!
倉本アイコン
倉本 岳
参加者3000名を超える都内最大級のランニングチーム「Morning Running Club(通称モニラン会)」の代表。フルマラソンの自己ベストは3時間26分。

ランステの基本情報

アクセス

Transit(トランジット)は、田園都市線駒澤大学駅から徒歩5分。駅から駒沢公園に向かう道のりにあり、駒沢公園周辺をランニングしようと考えている方にはおすすめの立地です。

Googleマップをご覧の通り、駒澤大学駅からTransit(トランジット)までは自由通りが通っています。

トランジットまでの道のりの図

駒澤大学駅からTransit(トランジット)までは自由通りを200メートルほど歩けば到着します。その間にはファミリーマートとセブンイレブン、ミニストップ、スーパーのマルエツなどがあり、ランニング時の飲み物や制汗シートなどをすぐ近くで購入できるので便利です。

 

駒沢食堂というカフェやファミレスのジョナサンもありますので、ランニング後にご飯を食べて帰ることもできますよ!さらには、ユニクロまであるので、万が一スポーツウェアを忘れても、ユニクロで揃えられるので安心です。

営業時間

受付

Transit(トランジット)を運営しているのは、トライアスロンスクールの「SUNNY FISH」の選手やスタッフです。彼らのトレーニングスペースとして平日はTransit(トランジット)が活用されています。

 

そのため、一般の方がランステとして利用できるのは土日の朝6:0021:00と、水曜日の夜18:00-21:30となっています。

 

Transit(トランジット)基本情報まとめ

ランステ名 Transit(トランジット)
アクセス
東京メトロ田園都市線 駒沢大学駅から徒歩5分
東京都目黒区東が丘2-14-4 LMハウス TRANSIT
営業時間

■土・日・祝日 6:00-21:00

■水 18:00-21:30 ※その他の曜日は休館

利用料 600円
レンタル ■シューズレンタル:無料 ■タオルレンタル:200円
近隣コース 駒沢公園周辺
HP http://sunny-fish.com/run-station/

店内の雰囲気

入店方法

Transit(トランジット)の入店の仕方は非常にユニークです。利用者がカードキーを使って入店をします。

こちらは、Transit(トランジット)の入り口の左に設置されている券売機です。

券売機

この自動券売機に、ランステ利用料の600円を入れると、白いカードが出てきます。

入店カード

Transit(トランジット)の入り口はオートロック式になっており、このカードをセンサーにかざすと自動で解錠され、入店できるという仕組みです。

カードをセンサーにかざす

どうしてこのような形態になっているのかというと、実はTransit(トランジット)は無人で営業をしている時間があるためです。

<どうして無人営業の時間があるの?>

Transit(トランジット)を運営しているのは、トライアスロンスクールの「SUNNY FISH」のスタッフや選手です。そのため、週末は試合で遠征することも多く、カードキーを用いた無人でも運営できる形を取り入れたそうです。

 

また、券売機にはランステ利用券と合わせてエナジージェルも販売しています。

エナジージェル

こちらはオーナーの平松さんが、トライアスロンの選手時代に使っていたおすすめのエナジージェルだそうです。

 

駒沢公園は一周が約2キロで、駒沢公園を何周もして長い距離の練習をされるランナーの方も多いと思います。

そういった練習をされる時は、このエナジージェルを購入して、マラソン大会本番のように、エネルギー補給をしながら練習するのも良さそうです。

倉本アイコン 長い距離を走る方はエナジージェルも合わせて使ってみてくださいね!

レンタル品と更衣室

Transit(トランジット)はシューズのレンタルが無料、タオルは200円でレンタル可能です。

シューズをレンタルする際は、店内の棚から自分のサイズに合うものを選び使用します。

レンタルシューズ

タオルは受付の横にこのように置かれています。ボックスに利用料の200円を入れてレンタルしましょう。

レンタルタオル

店内に入ると左側に女性更衣室、右側に男性更衣室があります。更衣室には洗面台と、シャワー、トイレ、ロッカーがあります。

更衣室

洗面台

トイレ

マシンやスクールもおすすめ!

高性能トレッドミルで練習ができる!

Transit(トランジット)の店内には、電力を使わない形式のランニングマシンがあります。

トレッドミル

これは、「SUNNY FISH」のトライアスロン選手が練習するために導入されたものですが、一般の利用者も使用が可能です。

 

取材時に伺ったお話では、電動のランニングマシンと違い一気に加速ができるため、インターバルトレーニングをしたいときには効果的なのだそうです。

倉本アイコン 実際に使わせていただいたのですが、あっという間に加速ができました!少し波を打つような形状になっており、前の方で走ると加速しすぎてしまうので、真ん中で走ると走りやすかったですよ!

トレッドミル横から見た

ランニングのスクールが充実!

駒沢公園のランナー

Transit(トランジット)を訪れる際におすすめしたいのが、ランニングのスクールへ参加です。取材に訪れたときは、毎週火・水・金の3回、19時半から21時の間でスクールを実施していました。

 

スクールの内容は、

  • サブ3.5を目指す方向けのレッスン(火曜日)
  • ランニング初心者向けのレッスン(水曜日)
  • 準パーソナルトレーニング(金曜日)

と計3種類、レベルに応じたスクールが実施されています。

 

(※スクールの開催日や内容は変更になる場合がございますので、必ずHPで最新情報をご確認ください。)

 

スクールに参加するには、HPより事前のお申し込みが推奨されていますが、お申し込みなしでも、スクールが始まる時間にランステに来ていただければ参加は可能とのことでした。

倉本アイコン スタッフの方は気さくで、初めてでも楽しく参加できると思います!気になる方は、HPで詳細を確認して、ぜひ参加してみてください!

まとめ

田園都市線駒澤大学駅から徒歩5分、駒沢公園へのアクセス抜群のTransit(トランジット)

 

カードキー形式の入店や、トライアスロンスクールの「SUNNY FISH」が運営していることなど、他のランステと一味違う良さを感じていただけたのではないでしょうか。

 

駒沢公園は、都内のランニングコースでも皇居に次ぐくらい活気があります。まだ駒沢公園でランニングをしたことがない方はもちろん、普段から駒沢公園周辺をランニングされる方も、ぜひ一度Transit(トランジット)足を運んでみてください!

この記事を書いた人
倉本 岳
ランニングクラブ代表