マラソンチャレンジ#03「もう1つの物語 トレランへ行こう!」

MYREVO編集部

中学生時代の燃えるような気持ちを忘れ、日々を無為に過ごしていた男、石田。

友人からの言葉とあるランナーとの出会いを経てフルマラソンへ挑戦することとなる。

これは、そんな彼のチャレンジの裏に隠された、もう一つの真実の物語である。

【前回までのマラソンチャレンジ】

東京マラソンをきっかけに出会った易さんに自分のコーチとなって欲しいと頼んだ石田。彼は僕の思いがどれほどのものなのか確かめるため、課題の達成をコーチをするための条件とする。

石田は意気込んで課題に挑戦したが、またもや途中で諦めてしまう。易さんからの厳しい言葉に反発を覚え、自分1人の力で挑戦をやり遂げると宣言する。しかしどうにも上手くいかず、易さんに謝罪し、課題クリアのためのアドバイスをもらう。そのおかげもあり、無事に課題を達成。易さんがコーチを引き受けてくれることに。

 

<主な登場人物>

石田
挑戦者 石田 悠貴(Yuki Ishida)
本企画の主人公。中学生時代は部活に打ち込んでいたが、最近では目標に向けて努力することを怠っていた。知人に誘われ観戦した東京マラソンでランナー達の姿に感化され、フルマラソンへの挑戦を決意する。
易会話アイコン2
易 成(Inari)
市民ランナー。石田にコーチを依頼され、彼の本気を確かめるために課題を与える。フルマラソンを3時間1分で走る市民ランナー。3ヶ月のランニングで10キロの減量に成功した過去を持つ。

<見逃した方へ!前回のマラソンチャレンジはこちら!>

マラソンチャレンジ#02「コーチ誕生」

 

<1話からマラソンチャレンジを見直したい方はこちら!>

マラソンチャレンジ#01 半年でサブ4を目指す挑戦の始まり

血液検査へ行け! 

北海道マラソンサブ4達成へ向け、俺と石田君の二人三脚の挑戦が始まった。

彼と具体的な練習プランを考える。課題をクリアしたとはいえ、石田君はマラソン初心者だ。

 

いきなりハードな練習から始めてしまうと、身体を壊してしまいかねない。

少しずつ走れる身体を作っていくことが大切だ。

 

石田君のコーチを務めることが決まってから数日後。コーチングのために情報収集をしていると、ある情報が目に飛び込んできた。

情報を調べる易

マラソンにおける血液検査の重要性について扱ったものだ。

血液検査で自分の身体の状態を把握することで、自分に最適な練習プランを組み立てることができるという。

 

血液検査に興味はあったのだが、仕事で忙しくて受ける時間を取れず、いつの間にか忘れてしまっていた。

もし石田君が血液検査を受ければ、その結果を見て練習プランをより効率的なものに改善することもできる。

 

俺も実際の検査がどんな感じなのか知ることができる。

 

良いことだらけじゃないか!

よし、ここは石田君に検査を受けさせてみよう()

 

俺は練習プランの作戦会議と称して石田君を呼び出した。

 早速、自分の肉体の現状を知ることの大切さを石田君に説く。

アドバイスをくれる易

石田君は俺の話に真剣に聞いている。

どうすれば自分の身体について知ることができるんですか?

石田君が期待通りの質問をする。俺は待ってましたとばかりに血液検査を勧める。

面白そうですね。受けます!

お、結構乗り気だぞ。こいつはラッキーだ。

石田君よ、血液検査へ行け!自分のために、そして俺のために。 

新人ランナーがやってきた 

私の名前は青木由佳。日本橋にある「ゆかスキンクリニック」の院長を務めている。

青木先生アイコン
青木 由佳(Yuka Aoki)
日本橋にある「ゆかスキンケアクリニック」の院長。山を走るトレイルランナーでもあり、医師の立場から石田をサポートする。

今日はライターとしてお世話になっているMYREVO編集部から、北海道マラソンに挑戦するという方が血液検査にやってくる。

私もマラソンを趣味にしており、時間を見つけてははよく走っている。マラソンの話ができるのが少し楽しみでもある。

 

約束の時間ちょうどに、男の子がやってきた。

よろしくお願いします。

この子が石田君か。軽くご挨拶をしてから、血液検査を始める。

 診断をする青木先生

血液検査の後に、石田君の食習慣について質問する。ごはんやパンをよく食べているようね。糖質が多いのが少し心配だわ・・・。これからのことを考えると、糖質制限をすすめた方が良さそうね。

石田君が今回の挑戦を決意した経緯について教えてくれた。

東京マラソンが彼の心を動かしたのか。

ランニングを始めたばかりでわからないことばかりのはずだから、サポートしてあげなくちゃ。

 

そんなことを考えていると、突然石田君が私に聞いてきた。

先生が履いているのは、もしかしてランニングシューズですか?

あら、これに気づくなんてやるわね。

 

私は仕事帰りに走るためによく白衣の下にランニングシューズを着用している。

この日も仕事の後に走るつもりだった。

 

初心者だと言っていたけど、マラソンへの興味はだいぶ強いみたい。

 

ちょうど来週に高尾山へトレイルランに行く予定があるから、誘ってみようかしら。

 トレランに誘う青木先生

私は冗談半分で石田君をトレイルランに誘ってみる。

喜ぶ石田アイコン ぜひご一緒させてください!

石田君から予想外の返事が返ってくる。

え、ほんとに来るの?

ただでさえトレイルランは体力を消耗するのに、初心者の石田君が無事に走りきれるのかしら?少し不安だな。

 

でも、本人が行きたがっているし、やってみよう。 

レイルラン初体験 

これから走る高尾山に思いを馳せながら改札口へ向かうと、すでに石田君が待っていた。

おはようございます!

元気よく挨拶をする彼の格好を見て驚く。ジャ、ジャージ!?ジャージでトレイルランをするつもりなの!?

 

初心者でランニングウェアを持っていないとはいえ、少し面食らってしまう。山舐めてるでしょ!()

 

山に入って5分足らずで私の不安は現実になった。滝のような汗をながしながら私の後を走る石田君、顔を歪めながらなんとかついてくる。

山を走る石田

休憩を挟みながらのぼっていくけど、振り返る度に石田君の姿が遠くなっていく。

きつそうな石田アイコン やばい、きつい・・・。

辛そうな声を漏らす石田君。こんな調子で頂上まで登れるのかしら・・・。

でも、しばらくすると様子が変わってきた。

 

走っている石田君の表情が明るくなり、足取りが軽やかになってきた。

開始直後はどうなることかと思ったけど、意外と体力あるじゃない。見直したわ。

 

高尾山の頂上に到着する。やっぱりここから見る景色は格別ね!

石田くん叫ぶアイコン きつかったけど、トレイルラン・・はまりそうです!

目を輝かせながら石田君が言う。ちゃんと楽しめていたようで一安心。

最初は本当に心配だったけれど、トレイルランに魅力を感じてくれた様子。

また誘ってみようかしら。 

しっかり休む、それも練習

血液検査からしばらく経ったある日、石田君から連絡があった。

どうやら高尾山へトレイルランに行ったらしい。トレイルランは心肺機能を鍛えるのにとても有効だ。きつかったと思うが、良い練習になったことだろう。

 

そしてトレイルランの報告とともに、石田君からある相談を受けた。俺は聞く前から、その内容の見当がついていた。

顔をしかめる石田アイコン 筋肉痛がひどいんですが、どうしたらいいでしょうか?

やはりそうか。

初心者である石田君がトレイルランのような負荷の高い練習を行えば、筋肉痛が起こるのは当然のことだ。

 

筋肉痛が起こった場合は、無理に練習せずに身体を休めることが大切だ。

筋肉を十分に回復させてから練習することでパフォーマンスを上げる事ができる。

 

俺には筋肉痛を感じた状態のまま無理に練習を続け、身体を壊してしまった過去がある。 

ひたすら練習することが上達につながると信じていたが、休息を取らずに練習し、ケガをしてしまった。

 

ケガの影響で練習できない日続き、結果的に走力が落ちてしまった。 

練習と同じくらい、休むことは大事なのだ。

 

俺は石田君が自分の二の舞とならないように、しっかりと休息の重要性を伝える。

筋肉痛にアドバイスする易 

石田アイコン2 でも、1日でも早く上達したいんです。練習したいんです。

石田君が真剣なまなざしでこちらを見る。まるで昔の自分を見ているような気持ちになる。

 

俺も石田君のように常に練習のことを考えていた。彼の気持ちは痛いほどわかる。

だからこそ、コーチである俺が休むという選択の大切さを彼に教えてあげなければならない。

 

無理せず、焦らず、少しずつ。成長していくために大切な考えを、石田君に伝える。 

俺の思いが通じたのか、石田君は休息にも意識を向けると言ってくれた。

 

彼のやる気があれば、急がなくても必ず上達する。大事なのは意味のある練習を続けることだ。

コーチとして、先輩ランナーとして、彼の努力が実るように導いてみせる。改めて、人に教えるということの責任の重さを感じた。 

友人の変化

石田君が皇居ランで挫折した後、彼との連絡は途絶えていた。心配だった僕は、久しぶりに会おうと連絡を入れた。 

藤田 敦也 (Atsuya Fujita)
石田の大学時代の友人。インターンや就活に加え、フィットネスインストラクターやモデル業を精力的こなしている。

待ち合わせ場所のカフェに早めに着いたので、店へ入りコーヒーを飲みながら石田君を待つことにした。

 

10分くらい経った後だろうか。石田君が現れた。 

石田3 おっす。

彼の姿を見て驚く。顔や身体が引き締まり、表情が明るいのだ。

皇居ランの愚痴を言っていた石田君が僕の中で最新だったので、あまりの変わりように目を疑う。

 

理由を聞くと、思わぬ言葉を返された。

石田1 俺、北海道マラソン走るんだ。そのために今練習してる。

まともに走れなかった石田君が北海道マラソン!?

にわかには信じがたいが、練習もちゃんと続けているようだし、以前の石田君とはまるで別人のようだ。

 

北海道マラソンは半年先。まだ挑戦は始まったばかりで、これからどうなるかはわからない。

だが今のところ、石田君はチャレンジを楽しめているようだ。

彼に対して抱いていた不安は期待に変わった。やるじゃないか。石田君に負けないように、俺も頑張らなきゃな!

この記事を書いた人
MYREVO編集部