マラソンチャレンジ#02「コーチ誕生」

MYREVO編集部

この記事は、挑戦を避け中途半端な人生をおくっていた石田が、自分を変えるため、5kmも走ったことのない状態から、半年間でフルマラソンサブ4(4時間未満での完走)を目指すドキュメンタリー記事である。

【前回までのマラソンチャレンジ】

中学生時代の部活のような必死に打ち込めるものを失い、目標もなく日々を過ごしていたある日、友人からこのままでいいのかと喝を入れられる。

その一言に心を打たれ、僕は新たな挑戦を始めることにした。早速自分が苦手なランニングにチャレンジだ!と張り切っていたが、皇居ラン1周で早くも挫折。さじを投げてしまう。そんな時にたまたま東京マラソンの観戦に誘われ、ランナー達の姿を目の当たりにし熱い思いがこみ上げる。

会場で出会ったランナーの易さんの言葉に背中を押され、今夏の北海道マラソンでのサブ4(4時間を切るタイムでのゴール)達成にチャレンジすることを決意する。5km以上走った経験がない人間の、自分を変える挑戦が始まった。

 

<主な登場人物>

石田
挑戦者 石田 悠貴(Yuki Ishida)
本企画の主人公。中学生時代は部活に打ち込んでいたが、最近では目標に向けて努力することを怠っていた。知人に誘われ観戦した東京マラソンでランナー達の姿に感化され、フルマラソンへの挑戦を決意する。
易会話アイコン2
易 成(Inari)
市民ランナー。石田にコーチを依頼され、彼の本気を確かめるために課題を与える。フルマラソンを3時間1分で走る市民ランナー。3ヶ月のランニングで10キロの減量に成功した過去を持つ。

<見逃した方へ!前回のマラソンチャレンジはこちら!>

マラソンチャレンジ#01 半年でサブ4を目指す挑戦の始まり

練習スタート!

易さんからの課題をクリアするため、僕は練習を開始した。僕が本気であることを易さんにわかってもらうために、なんとしてでも達成しなければ。

皇居以来のランニング。まずはゆったりとしたペースで走ることにした。

身体が重いのは相変わらずだけど、新たな目標ができたおかげで気持ちは燃えている。

かなりしんどかったが、なんとか5kmを走りきることができた。

 

一日休みをはさみ、また5kmランに挑戦する。

2km,3kmと進むたびに、歩を進めるのが辛くなる。

この日もぎりぎり5kmを達成。息を整えるのに苦労したが、この調子で20kmを達成するというやる気がわき起こっていた。

 

しかしその2日後、この勢いは止まってしまった。

いつものようにランニングをしていると、2kmを過ぎた地点で異変が起こった。きつい、しんどい、もうやめたい。

辛そうに走る石田

後ろ向きな考えで頭がいっぱいになり、走る気力を失ってしまった。気がついたときには、足が止まってしまっていた。

 

僕は頭が真っ白になり、そのまま再び走りだすことなく、家に帰ってしまった。

 

家に戻ってから、後悔が押し寄せる。身体はまだ限界ではなかった。

まだやれたはずなのに、きついという気持ちに負けてしまった。

これでは今までと同じじゃないか。

 

一度立ち止まってしまったという事実は僕の心に大きな穴を開けた。 

この日以降、僕は走ることをやめ、課題を達成できないまま約束の1週間を迎えた。

課題未達成

易アイコン課題、どうだった?

石田と易の会話

僕に会うなり、易さんが聞いてきた。

嘘をつくこともできた。しかし、本気で僕と向き合おうとしてくれている易さんに対し、嘘などつけなかった。

 

僕は課題を達成できなかったことを正直に報告した。

易アイコンそうか。根性を見せてくれると思ったんだがな・・・。

僕は怖くて易さんの顔を直視することができなかったが、その声色で彼がどのような感情を抱いているかを察した。

「俺も仕事があるし、マラソンの目標もある。本気じゃない人間に割ける時間はない。俺には、石田君のコーチをすることはできないかな。」

 

易さんの言葉に胸が痛くなる。本気になりきれずに易さんを裏切ってしまった自分が情けなくなる。 

落ち込んでいる僕に対し易さんが強い口調で声をかける。

易の会話

易アイコン今の石田君では全然だめだ。自分を変えるなんてことはできないよ。

こう言われた時に、僕は少し引っかかるものがあった。

 

自分でもこのままではだめなことはわかっている。

でも、出会って間もない人間に、どうしてそこまで言われなければならないんだ。

1回の失敗で、偉そうに言われる筋合いはない。

 

頭にきてしまった僕は、易さんにコーチをしてもらうことをやめ、自己流でマラソンに挑戦することにした。

自分で1週間20kmの課題もクリアして上達してやる。

この日を境に、僕は易さんに連絡するのをやめた。

自己流の練習

易さんに頼らないことを決めた僕は、5kmランを再開した。

 マラソンを走れるようになるには、とにかく走って身体を慣れさせることが大切なはずだ。

 

そう考えた僕は、とにかくがむしゃらに走るようにした。

 休みを入れずに毎日5km走ることを目標に、2日連続で5kmランを決行した。

かなりきつかったが、体力がつくと信じ、なんとか走りきった。

 

ところが、3日目の5kmランに挑んだとき、1kmを過ぎたあたりでまた足が止まってしまった。

この前のトラウマがある僕は、またすぐに走り始めたが、3kmに届かないところでまた足を止めてしまった。そこから先はもう走れなかった。

 足を止める石田

また止まってしまった。僕はなぜうまくやれないのだろうか。 

自分の体力も鑑みずにひたすらに走ったことで疲労が溜まっていたのだと思う。僕はまたランニングをあきらめた。

 

このまま自分の力だけで進もうとしても、失敗する未来しか見えない。 

僕は恥を忍んで、易さんに電話をしてアドバイスをもらうことにした。

泣きながら電話をする石田

アドバイス

僕は易さんに会ってすぐに無礼をわび、アドバイスを求めた。 

謝罪する石田

あんなに失礼な態度を取ってしまったにも関わらず、易さんは僕の話を真剣に聞いてくれた。自分の人間としての小ささに恥ずかしくなる。

 

僕の現状を把握した易さんは、一言だけアドバイスをくれた。 

易アイコン毎日10回でもいいからスクワットをしてみろ。確実に変わるはずだ。

僕は易さんに言われた通り、毎日10回のスクワットをメニューに入れ、1週間20kmランに再挑戦することにした。

 

スクワットを取り入れてから、ランニングの時に日に日に足が上がりやすくなっているのを感じた。今までよりも身体を前に進めやすくなっている。

スクワットでここまで変わるのかと衝撃を受けた。

 楽しそうに走る石田

僕は今まで達成できなかった1週間の中の3回目の5kmランを完走することができた。 

20kmも達成できると感じた僕は、易さんに本気の思いを示すためにさらに上を目指すことにした。

1週間で20kmではなく、25kmランを達成することを目標に設定した。

 

4回目の5kmラン。やはり後半はしんどかったが、前よりも余裕を持って完走することができた。 

そして1週間で5回目の5kmラン。蓄積された疲労のせいか、足が少し重い。

今までのランニングよりもゴールが遠く感じる。しかし、決して足を止めることはなかった。持てる力を振り絞り、なんとか5kmを突破した。 

終わった後は心地よい達成感で満たされた。今までの自分が超えることができなかった壁をついに飛び越えることができた。

こんな感覚になったのは、本当に久しぶりだった。

 

僕にもやれる。そう感じるとともに、アドバイスしてくれた易さんに対し、感謝の気持ちがあふれた。 

易コーチ誕生

前回アドバイスをもらって以来、1週間ぶりに易さんに会う。

僕は易さんのアドバイスのおかげで1週間25kmランを達成できたことを易さんに報告した。

易アイコンすごい!よくやった!

易さんは喜んでくれた。易さんの喜ぶ顔が見られて、とても嬉しくなった。 

こんな僕に親身になってくれてアドバイスしてくれた易さんの存在なくして、1週間で25km走ることは僕には不可能だっただろう。

易アイコン石田君。君の本気、しかと受け止めた。君のコーチを引き受けよう。一緒に頑張ろうな!

 

易さんが僕の手を握りしめながら力強く言ってくれた。

こうして僕に、易さんという心強いコーチができた。波乱の幕開けとなってしまったけど、少しでも自分を変えられたのかなとほっとする。

 

挑戦は始まったばかり。これからさらに困難な壁にぶつかることになるだろう。だけど、易さんがいてくれるなら大丈夫、乗り越えられる。そう思えている自分がいた。

 

<石田の挑戦の裏で、易コーチはどう思っていたのか!?もう1つの物語はこちら!>

マラソンチャレンジ#02「もう一つの物語 弟子の誕生!」

 

<次回のマラソンチャレンジ(第3話)はこちら!>

無事に課題を達成することができた石田に、易がコーチとしてある提案をする。そして新たな出会いが・・・

マラソンチャレンジ#03「はじめてのトレイルラン」
この記事を書いた人
MYREVO編集部