• ホーム
  • 筋トレ
  • スポーツシューズ「ryka(ライカ)」の魅力とは?ベンゼネラル社を取材!

スポーツシューズ「ryka(ライカ)」の魅力とは?ベンゼネラル社を取材!

MYREVO編集部

各種スポーツのウェアやシューズ、野球で使用する用具や器具など、スポーツに関わる製品を数多く手掛けているベンゼネラル株式会社。

 

代理店として販売しているシューズは、高い機能性も備えながら革新的なデザインで、長年女性の心を魅了し続けています。

 

今回はその、女性のためのシューズブランド「ryka」について、「ryka」を扱うベンゼネラル株式会社の横地さんに詳しくお話を伺っていきたいと思います。

倉本アイコン1
インタビュアー倉本岳
MYREVO編集長。参加者3000名を超える都内最大級のランニングチーム「Morning Running Club(通称モニラン会)」の代表。フルマラソンの自己ベストは3時間26分。

ryka(ライカ)はどんなブランド?

倉本アイコン2
rykaとは、どういったシューズを提供しているブランドなのでしょうか?
rykaロゴ
rykaは女性のために女性が作ったアメリカのブランドで、ランニングシューズ・フィットネスシューズ・ウォーキングシューズ・カジュアルシューズを作っている総合ブランドです。

―以下、横地さんー

ご存じかもしれませんが、日本の場合、これらのカテゴリには大きな海外ブランドさんもいらっしゃって、なかなか競争が激しい時代です。

 

そんな中、rykaはダンスエクササイズ用のシューズとして、ダンスのカテゴリに特化してブランド展開を行っています。

 

ダンスのカテゴリというのは、ヒップホップやストリートダンス、よくイメージされる高校生ダンスなどのことではなく、あくまでもスタジオエクササイズのことを指しています。

 

具体的に申し上げますと、一番歴史のある「ジャザサイズ」や、「ズンバ」「レスミル」「リトモス」といったダンスのカテゴリがあるのですが、そういったフィットネスでもエアロビクスでもないダンスエクササイズをする際に使用するシューズが、rykaというブランドで展開しているシューズです。

 

また、rykaのもう一つの大きな特徴としまして、素材や色、柄、を年に2回、流行に合わせたものでご提案をさせていただいています。

rykaの機能面のこだわり

倉本アイコン2
rykaの機能面は、ダンスエクササイズの動きを、どのようにサポートできる作りになっているのでしょうか?
rykaロゴ
 rykaはダンスエクササイズ用シューズなので、柔らかさと、前への回転性をいかに上げるかを中心に考えて作っています。

―以下、横地さん―

rykaブランドのシューズの大きな特徴として、全てのシューズのソールにピボットが入っています。

rykaピボットポイント

ピボットを配置することで、回転しやすくなるようになっています。

 

また、ダンスは足首が激しく動きますので、rykaはハイカットにしています。そうすることでくるぶし付近や足腰をしっかり保護するようになっているのも、特徴の一つです。

rykaハイカット

倉本アイコン2
私もロックのダンスをやったことがありまして、足首の回転のサポートはしっかりしていないと怪我をしてしまうので、素晴らしいと思います。

rykaの開発・製造へのこだわりがすごい

倉本アイコン2
女性向けのブランドということで、万人向けの商品作りとは異なる点もあるかと思うのですが、開発や製造の過程、またはデザイン更新時などに、どのようなプロセスを踏んでいるのか、会社として工夫されている点などがあれば教えていただきたいです。
rykaロゴ
弊社の工夫で一番の特徴的なのは、全国にダンスのカテゴリで契約のインストラクターさんが50名ほどいらっしゃる点です。

―以下、横地さん―

全国にいる有名な先生と契約をしているので、先生たちから色や柄などについてご意見をいただき、それをベースにスタッフが素材を選んでいます。

 

また、rykaは海外ブランドではあるのですが、ジャパンオリジナルの商品もございます。 ただ100%ジャパンオリジナルということではなく、アメリカの本社の方と打ち合わせをして、日本の意見も入れつつ、グローバルな視点で作っています。 このような形で、年に2回商品を開発する機会を設けています。

 

さらに、ダンスはやはり「ファッション」なので、毎年流行りのものをいかに取り入れるか?も商品開発において大きなポイントです。 そのため、毎年「色も素材も違う!」とお客さまに思っていただけるように、年に2回は新商品を出すようにしているのです。

倉本アイコン2
rykaのシューズはデザインがすごくいいですよね。もちろん屋内用なので、ファッションで外に履くのは本来の用途と違うとは思うのですが、ファッションの一環として普段履きをしてもすごくおしゃれなデザインばかりで、素敵だなと思います。
rykaロゴ
ありがとうございます。実際は、外で履けないものではないので、出かける時に履いている方もいらっしゃいます。

水中フィットネス向け「HYDRO SPORT」とは?

rykaアクアシューズ

倉本アイコン2
商品数自体はまだ多くないですが、「AQUA」という商品も展開されていますね。こちらはどのような商品なのでしょうか?】
rykaロゴ
「AQUA」はアクアダンスやアクアフィットネスなどの、水中で行うダンスやフィットネス用の商品です。プールの前にインストラクターさんが立って、生徒さんは水の中で踊ったり歩いたりするのですが、その時に使用するシューズです。

―以下、横地さん―

アクアダンスは、日本ですとプールサイドでインストラクターが踊るのを見ながら、水の中で踊るという形で行われています。

 

HYDRO SPORT」というシューズの大きな特徴として、普通の靴に見えるのですが、通気性の高いメッシュを使うことで、水抜けがよくなるように設計されています。そうすることで、プールの中に入っても水が抜けます。

 

あと大きな違いがあるのは、アウトソールのゴム部分ですね。

 

車のスノータイヤのように、こちらも滑りづらいゴムの素材を使っているので、プールサイドで滑りづらく安全性の高いシューズになっています。そこが評価されて、今世界的に売れているアクアシューズになっています。

倉本アイコン2
ということは、日本のインストラクターの方でも使っている方は多そうですね。
rykaロゴ
そうですね。手前味噌ではありますが、日本のアクアインストラクター様の7割方は履いていただいています。

それはやはり「他社にない特徴を持っているから」だと思っています。

 

今までお伝えした点以外にも、例えばこの黒い部分は、TPU(熱可塑性ポリウレタン)で作られたプレートで、プロネーションがしやすいようになっています。

ryka アクアプレート2

インストラクターの方は一日に何本もレッスンをするので、TPUプレートを入れることで疲れにくくなるように設計しています。

rykaのソックスの特徴とは

ryka ソックス

倉本アイコン2
シューズ以外にもソックスを販売されていると思うのですが、こちらは御社のシューズと合うような形で設計なさってらっしゃるのですか?

rykaロゴ
そうですね。1つ目の特徴としては、ソックスというのはフットウエアの足を守る形でできていますので、丈の長さを調整しています。

 

―以下、横地さん―

rykaの場合はシューズが9センチ丈です。ここから靴下が出るので、シューズから素足をカバーしてくれるようにソックスの丈を設定しています。

 

女性としては少しでも足を長く見せたいので、デザイナーがそこを意識して「ちょっとしか出ない、けどブランド名だけは見える」というギリギリのところを攻めています。

倉本アイコン2
足を守るようにしつつ、女性が気にする点を意識してデザインされているのですね。他には特徴はありますか?
rykaロゴ
2つ目としては、足袋ソックスであることも大きな特徴の一つです。日本の足袋の形をしたソックスですね。

―以下、横地さんー

足袋の形にすることで、パフォーマンスのときに常に重心を真ん中で感じられるようになるため、こだわって商品開発をしています。

 

他には、すべてのソックスで、後ろに滑り止めが付いています。なおかつ、構造が三重構造になっていますので、シューズの内部がフィットして足が全く動かなくなります。

 

靴の中に隙間がある状態で動くと、マメができたり靴擦れをしたり、疲れやすかったり、パフォーマンスにも影響するので、それらのデメリットを埋めるためにこの構造を取っています。

 

ちょっと厚くはなっていますが、一番汗のたまる足首の下のところはメッシュになっているので、一般的なソックスよりは涼しい作りです。

 

実際に使用されているインストラクター様からは、パフォーマンスが大きくできる、疲れない、といった声も多く頂いています。

女性向けだけど男性も履ける!

倉本アイコン2
これは良いですね、自分も欲しいです。でも、女性向けのみなのですよね?
rykaロゴ
女性向けのブランドとして展開はしていますが、25~27センチのもありますので、男性でもご使用いただけます。私も履いていまして、立ち仕事のときとか特に疲れないので、愛用しています。
倉本アイコン2
シューズのサイズはどのくらいまであるのでしょうか。また、仮に男性が買う場合は、サイズは基本的に数字と一緒になりますか。
rykaロゴ
カラーによってちょっと違いますが、サイズは22〜28センチまであります。

―以下、横地さん―

rykaは女性向けのブランドではありますが、実を言うとユニセックスで作っています。

 

アメリカの女性には30センチある方も少なからずいらっしゃいますので、そういった方でも履けるようなサイズを取り揃えています。

 

メンズの場合は、私は普段は25.5センチですが、rykaのシューズを履く場合はどうしても幅の問題があるので、26.51センチ大きめにするとちょうど良いかと思います。

倉本アイコン2
男性の場合は+1センチですね。ありがとうございます。

さいごに

倉本アイコン2
さいごに、rykaの今後について聞かせてください。
rykaロゴ
これからも体に良いシューズを提供していきたいと考えて作っております。 

―以下、横地さん―

というのも、レッスンを受ける方は、特に女性に多いのですが、ウェアは格好良いものや色んな種類のものを持っていても、シューズにこだわってそこまで多くないように感じます。

 

レッスンに来ているということは健康になるために来ている方がほとんどだと思いますので、せっかく健康のために行動されているのであれば、足元にも注目していただきたいなと思っています。

 

rykaのシューズは体に良いシューズなので、その良さをぜひ多くの人に感じていただけたら嬉しいです!

rykaのシューズ・ソックスが気になった方はこちらから!

この記事を書いた人
MYREVO編集部
MYREVO編集部