• ホーム
  • 身体を磨く
  • ジムとホームフィットネス製品を展開するamugis(アミュジス)を取材!

ジムとホームフィットネス製品を展開するamugis(アミュジス)を取材!

MYREVO編集部

ジム経営、フィットネス商品開発ともに自社で行うamugis(アミュジス)。

 

フィットネス商品のリリースは今年の2月と最近ながら、運営会社・トレーナー・ジム会員の方々が一丸となってより良い商品を続々と生み出しています。

 

今回はそんなamugis(アミュジス)に、商品開発についてお話を伺いました。

倉本アイコン1
インタビュアー倉本岳
MYREVO編集長。参加者3000名を超える都内最大級のランニングチーム「Morning Running Club(通称モニラン会)」の代表。フルマラソンの自己ベストは3時間26分。

多様化した目的に応えるamugis(アミュジス)

倉本アイコン2
多数のフィットネス商品を取り揃えているamugis(アミュジス)様ですが、どういったコンセプトのブランドなのでしょうか。
amugisロゴ
弊社ではジムを経営しているのですが、ジムをやめてしまい運動習慣が途切れた方にも好まれる、品質の良い家庭用のフィットネス用品を出そうと取り組んでいます。

(経営しているジムの様子)

(経営しているジムの画像)2

(経営しているジムの画像)1

以下、amugis−

ジムを運営している中で直面するのは、多くの人は運動習慣が長くは続かないという悩みです。

 

運動習慣が続く人は限られた人で、大抵の人は1年以内にジムを辞めていかれますが、その中にも家では運動をしたいと思っていらっしゃる方は多いです。

 

なので、ジム会員の方のためだけでなく、ジムを辞めてしまった人にも使用してもらえる商品を作ろうと思い、家庭用フィットネス用品の開発に踏み切りました。

2つのフィットネス商品からのスタート

倉本アイコン2
どのような商品の開発からスタートしたのでしょうか?
amugisロゴ
バランスボールと姿勢矯正ベルトが最初になります。シュッとしたスタイルを目指す、持続できるようにするために、日常のちょっとした手助けとなるようにと考えたのが開発の入り口でした。

姿勢矯正ベルトとバランスボールの活用シーン

―以下、amugis―

開発途中の製品を運営するジムに置いて、会員の方に体験をしていただいているのですが、アンケートを取ったところ、運動を通して筋肉質になりたい人は思ったより少なかったんですよね。

 

マッチョになりたいのではなく「身体をスッキリしたい、姿勢を良くしたい、出ているお腹を引っ込めたい」など日常生活の中での課題を、ジムの運動によってクリアしたい人が明らかに多かったのです。

 

そういった方々のために、まずは姿勢矯正ベルトとバランスボールを提案したのが始まりでした。

(バランスボールと矯正ベルトの商品画像)1

(バランスボールと矯正ベルトの商品画像)3

倉本アイコン2
実際に2つの商品を出されてみて、反応はいかがでしたか?
amugisロゴ
思いのほか、商品を販売することができたのですが、あわせて改善点も見えてきました。

―以下、amugis―

発売したばかりの頃は、コロナの自粛の影響もありますが、毎日100個以上売れるので一体誰が買っているのかと思ったのが正直な感想ではあります。

 

姿勢矯正ベルト、バランスボールそれぞれ売れ行きはよかったのですが、実際に購入した方々の声を集めていくと、お客様が姿勢矯正ベルトを使うには、私たちが想定していた以上にコツがいることが見えてきました。

 

ジムの会員であれば、ベルトの付け方を口で説明できるので、正しい使用方法でご利用いただけて商品に対する満足度が高いのですが、一般の方では、購入後に誤った使い方をしてしまう方が多かったんです。

 

どの製品にも言えることにはなりますが、明らかに付け方が間違っている人が「効果が出なかった」とコメントをされるので、商品を開発するだけでなく、使い方を正しく理解していただけるような販売のやり方を考えいけなければと思っています。

商品の開発秘話

倉本アイコン2
商品開発においては、どのようなご苦労があったのでしょうか?
amugisロゴ
バランスボールについては他社で売られているものを買い集め、自分たちで使用したり、ジムに置いてみてひたすらアンケートを繰り返して利用者の声を集めながら開発をしていきました。

―以下、amugis―

商品開発の期間としては、ベルトで8~9ヶ月、バランスボールも半年程ほどかかっています。

 

(開発途中の試作品の様子)

試作品の様子

細かい耐荷重量の調整や、ポンプの大きさなど、「効率よく手軽に使える」をベースに製品の悪い部分を直していきました。

 

妥協点をなるべく0にした状態で商品を世の中に出そうと思い、一度完成した商品が1000個納品されたことがあったのですが、どうしても改良をしたい点が出てきてしまい、全て作り直したこともありました。

倉本アイコン2
かなりこだわりを持って開発をなさったのですね。
amugisロゴ
そのつもりではありますが、そこまでのこだわりをお客様が求めていたかは微妙なところです。(笑)

(バランスボールと矯正ベルトの商品画像)4

(商品画像)

商品は今後も継続的にリリース予定

倉本アイコン2
今後のamugis(アミュジス)の商品展開については、どのようにお考えなのでしょうか?
amugisロゴ
今後はマッサージボールやヨガマットなどをリリースする予定です。

―以下、amugis―

また、フォームローラーという製品を現在開発中なのですが、製品の色みや厚み、滑り具合に応えられる工場が見つからない状況でして…2~3ヶ月やりとりしているのですが上手くいかず、複数の工場に当たっている状況です。

 

商品開発の中で、このような壁に当たることも多いですが、ジムに行ってみたけれども続けられなかった人や、ジムに行くほどではないけれども身体を動かしてみたい人たちへ向けて、そういった方が手軽に運動できる商品を作って皆様のサポートをしていきたいと思っています。

amugis(アミュジス)が気になる方はこちら!

この記事を書いた人
MYREVO編集部
MYREVO編集部