皇居周辺のランステ紹介!竹橋駅直結のRun Pit by au Smart Sports(ランピット)

倉本 岳

Run Pit(ランピット)は、白を基調にしたスタイリッシュなデザインと、皇居ランナーを一望できるカウンターが印象的な、KDDIと毎日新聞社が運営する皇居周辺のランニングステーションです。

この記事では、Run Pit(ランピット)の基本情報や、魅力をお伝えします。
倉本 岳
参加者3000名を超える都内最大級のランニングチーム「Morning Running Club(通称モニラン会)」の代表。フルマラソンの自己ベストは3時間26分。

Run Pit(ランピット)の基本情報

【Run-Pit】の休憩カウンタースペース

Run Pit(ランピット)は皇居周辺、竹橋の目の前にあるランニングステーションです。アクセスは、東西線の竹橋駅直結、半蔵門線、都営新宿線、三田線の神保町駅から徒歩5分と、皇居も駅も近い好立地です。

 

Run Pit(ランピット)のすぐ目の前は皇居の周回ルートとなっており、皇居ランナーにとって、着替えを済ませてすぐに皇居ランをスタートできる最高の環境と言えるでしょう。

 

また、Run Pit(ランピット)が入っているパレスサイドビルは、地下に飲食店が多数あるので、走った後の食事に事欠かないのも利点です。(ただし、土日はお休みの飲食店も多いので要注意。)

平日の夜にランニング仲間と皇居ランをしてそのあと軽く一杯、そんな使い方もできますね!

Run Pit(ランピット)基本情報まとめ>

アクセス

東京都千代田区一ツ橋 1-1-1 パレスサイドビル1F
■東京メトロ東西線「竹橋」駅 直結

■東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線・三田線「神保町」駅 徒歩5分

営業時間

■平日 AM7:00〜PM22:00

■土日祝 AM8:00〜PM18:00 定休日なし(年末年始除く)

※パレスサイドビルの定休日でも営業

※最終入店時間は閉店1時間前。

利用料

■900円/回(1回分の通常施設利用)

■5,000円/10枚(シェア可)※有効期限:購入から3カ月 <使い放題>

■シューズ、ロッカー、バスタオル付き:5,000円/月

■シューズ、ロッカー無:3,600円/月

レンタル

■バスタオル:300円/回(1枚)

■ランニングウェア:400円/回、上下セット

※Tシャツ・パンツ(短/長)

■ランニングシューズ:100円/回 1足(22.0cm〜28.0cm)

■ケータイ電話:無料

※ランニングアプリのみご利用いただけます。

■ウェストポーチ/アームホルダー:無料

近隣コース 皇居周辺
HP https://runpit.jp

パレスサイドビルの地図


Run Pit(ランピット)内の雰囲気

Run Pit(ランピット)の店内は、白を基調にしたスタイリッシュなデザインになっています。

皇居の周りには、20店舗近くのランニングステーションがありますが、Run Pit(ランピット)のデザインのかっこよさはNo.1と言っても良いくらいです!

中でもRun Pit(ランピット)に訪れる機会があれば、ぜひ活用していただきたいのがこちらのカウンター。両サイドに大きな窓が広がっていて、皇居を走るランナーを一望できます。

Run-Pit秋:休憩カウンタースペース

【Run-Pit】春:休憩カウンタースペース

友達やランナー仲間とランステに来ると、先に着替えを済ませてしまい時間を持て余してしまうことってありませんか?

 

そんなときもRun Pit(ランピット)なら、このカウンターで皇居ランナーを眺めながら時間をつぶせます。カウンターの近くには、ランニング雑誌も置いてあるので、雑誌を読みながらカフェで過ごしているような気分になれますよ。

特にこのカウンター、朝の時間が最高です!差し込んでくる朝の陽の光がすごく気持ちがいいですよ!

更衣室の紹介

更衣室は、男性更衣室は青を基調に、女性更衣室は赤を基調にデザインされています。

 

<男性更衣室>

男性更衣室1

<女性更衣室>

【Run-Pit】女性更衣室パウダールーム

皇居周りの他のランステと比べてRun Pit(ランピット)の更衣室は、男性更衣室、女性更衣室、ともに非常に清潔感があります。また、クレンジング、洗顔料、化粧水、乳液なども完備されておりアメニティも充実しています。

 

シャワールームにはシャンプーやリンス、ボディーソープも備えられており、シャワーは全部で15基 (女性8基/男性7基)あります。スタッフの方が小まめに清掃をされており、更衣室内はいつも綺麗に保たれています。

シャワーブース

先ほどのカウンター、そして更衣室ともにスタイリッシュなデザインで統一されていますので、ランステからおしゃれ雰囲気で皇居ランを楽しみたい人に、Run Pit(ランピット)は特におすすめです!

周辺のおすすめランニングコース

Run Pit(ランピット)周辺のおすすめランニングコースと言えば、やはり皇居です。

Run Pit(ランピット)の目の前の横断歩道を渡れば、すぐに皇居の周回コースの竹橋地点に合流ができます。

竹橋

竹橋の前はちょっとした広場になっています。特に休日は、体操をしているランナーたちで賑わっています。

私のランニングチームも、この場所で体操や自己紹介などをしていました!
ランニングチームの活動の様子
ランニングチームの活動の様子2

このエリアにはベンチもたくさんあり、タオルや上着、ペットボトルなどを地面に置かずに体操ができるのも便利です。

Run Pit(ランピット)のレッスンも活用しよう

Run Pit(ランピット)では、定期的にランニングのレッスンも開催されています。

 

定期的に開催されている定期レッスンは無料で参加することができます。

Run Pit(ランピット)のスタッフがコーチとして初心者向けにランニングのペースメイクをしてくれます。参加者やRun Pit(ランピット)のスタッフとおしゃべりをしながらファンランを楽しめるのが魅力です。

 

また、外部からランニングコーチを招いたイベントも開催されています。

こちらは有料で、各回1,5003,500円ほどで参加をすることができます。3ヶ月でフルマラソンを目指すためのレッスンや、サブ3.5を目指すためのレッスンなど様々なレッスンが用意されています。

 

その月に催されるレッスンは、Run Pit(ランピット)のHPイベント&トピックスのページで紹介されていますので、ぜひご確認ください。

SALOMONのシューズが毎週1名に当たる

また、2019年度中Run Pit(ランピット)はフランスのウィンタースポーツのブランドのSALOMONと、コラボレーション企画を実施しているそうです。

 

SALOMONがロードランニングシーンに本格参入したことを受けて、Run Pit(ランピット)の店舗内全面が“SALOMON RUNNNING BASE TOKYO”として、SALOMON色になっています。

ランピットの受付

そのためRun Pit(ランピット)では、走行中、着地の度に生じる微振動を吸収することで披露を軽減し、怪我を予防するテクノロジーを搭載した最新オンロードシューズ「SONIC RA2シリーズ」を無料貸出中です。

レンタルシューズ

さらに特別キャンペーンとして、SALOMONシューズをRun Pit(ランピット)でレンタルし、店内のQRコードからアンケートに答えると、毎週1名にSALOMONシューズがプレゼントされるそうです。

シューズの紹介画像

 

ぜひこの機会に、Run Pit(ランピット)へ足を運んで、シューズをSALOMONのシューズを体感してみてくださいね!

まとめ

皇居周辺、竹橋の目の前にあるランニングステーションRun Pit(ランピット)をご紹介しました。

 

Run Pit(ランピット)を訪れる際は、白を基調にしたスタイリッシュなデザインと、大きな窓から皇居を走るランナーたちを一望できるカウンターに、ぜひ注目してみてください!

Run Pit(ランピット)の公式サイトはこちらご確認ください!

 

この記事を書いた人
倉本 岳
ランニングクラブ代表
LINE友達申請
無料会員登録