ランニングにスマホを持っていく4つのメリット!邪魔にならない持ち運び方

倉本 岳

ランニングに出かける際にスマホを持ち歩いているでしょうか?

 

「ランニング中にスマホを持ち歩いても邪魔になるだけ。」と思っているような方も多いかもしれません。

 

実はランニング中にスマホを持ち歩くと、さまざまなメリットがあるんです。

倉本アイコン
そこで今回は、ランニングがさらに楽しくなるスマホの活用術についてお伝えしていきます。
倉本 岳
参加者3000名を超える都内最大級のランニングチーム「Morning Running Club(通称モニラン会)」の代表。フルマラソンの自己ベストは3時間26分。

ランニング中スマホを持ち運ぶメリット

はじめに、ランニング中にスマホを持ち運ぶメリットについて見ておきましょう。

ランニングアプリを活用できる

スマホのランニングアプリを活用すればランニングの様々なデータを視覚化できます。

 

例えば、走った距離やコースをGPSから割り出したり、ランニングのペースなどを把握できます。

 

消費したカロリーなども表示してくれるので、ダイエット中の方がランニングアプリを活用すれば、その日にどのくらいのカロリーを消費したかの確認が可能です。

 

また、ログが残せるという点も便利です。

 

月末に、今月どのぐらいの距離を走ったのか?総合的にどれぐらいのカロリーを消費したのか?などが分かります。

 

頑張りを数値で確認できるのは、ランニングやダイエットのモチベーション維持に大活躍してくれるでしょう。

 

後からログを見て、どんな所を走ったのか思い出してみるのも楽しいですよ。

音楽を聴きながら走れる

ランニングとスマホ

スマホを使えば、音楽を聴きながらランニングを楽しめます。

 

ランニングは、毎日同じコースを走っていると退屈に感じてしまう場合もあります。

 

しかし、そういった場合でも、音楽を聴きながら走れば毎日新鮮な気持ちでランニングを楽しむことができるでしょう。

 

ケーブル付きのイヤホンでもいいですが、どうしてもランニング中は邪魔になってしまいます。

 

そんな時には、ケーブルのない「Bluetooth」のイヤホンを使用すると快適性がアップ。

 

Bluetoothイヤホン使えば、走っていてもケーブルが体に当たってしまうという心配もありませんので、ランニングに集中できます。

 

ランニング時に、音楽を聴きたいのであれば、スマホを持ち歩きましょう。

緊急時の対応ができる

ランニング中にスマホを持つメリットは、ランニングをより楽しむためだけではありません。

 

ランニング中に交通事故の現場に遭遇したり、犯罪の現場に遭遇してしまったなんて場合も、スマホがあればすぐに緊急通報ができます。

 

そういった場合以外でも、ランニング中に急に体調を崩してしまったり、足をくじいて歩けなくなった場合などに、家族に連絡を取ったり救急車を呼んだりすることが可能です。

 

地震や停電などの災害時でもスマホは活躍するので、ランニング時はスマホを持ち歩いておいた方が便利です。

 

また、すぐに帰るつもりでランニングに出かけたら、予想以上に喉が渇いてしまい途中でコンビニに寄りたくなる場合もあるでしょう。

 

そういった場合も、スマホに電子マネーを入れておけば小銭を持ち歩く必要もなくスマホで買い物ができるので安心です。

 

このように、ランニング中にスマホ持ち歩くことは、様々な場面において有効なので、できるだけ持ち歩いておいた方がいいでしょう。

写真が撮れる

ランニングをしている最中に面白いものを見つけたら、すぐに写真を撮れるのも大きなメリットです。

 

ランニングをしていると自転車や車で移動しているのに比べ、ゆっくりと移動しているので面白いものや綺麗な景色が目につきやすいでしょう。

 

そんな時に、スマホを持っていると、すぐに写真を撮影できます。

 

シャッターチャンスを逃すことなく写真を撮れるので、ランニング時はスマホを持ち歩いていると大変便利です。


スマホの持ち運びに便利なアイテム

スマホを持ってランニングに繰り出そうと思っても、ランニング中にスマホはどうしても邪魔になってしまうもの。

 

そんな時に、スマホを持ち歩くのに最適なグッズを持っていると、快適にスマホを持ち運べます。

 

スマホを安全かつ、邪魔にならずに持ち運べる便利なアイテムは、

  • ランニングポーチ
  • ポケット付きのランニングウェア
  • アームバンド

が挙げられます。それぞれを詳しく解説していきましょう!

ランニングポーチ

ランニングポーチは、体にぴったりと寄り添う形状が特徴のポーチです。

 

通常のポーチやバックは体にぴったりとは寄り添わず、ランニングの体を揺さぶる動作を行ってしまうとバックが動いてしまい邪魔に感じてしまいます。

 

しかし、ランニングポーチであれば、体にぴったりとくっついてくれるため、体を揺すってもポーチが揺れません。

 

ランニングポーチには様々な種類があり、

  • ウエストにつけるウエストポーチタイプ
  • 背中に背負うリュックタイプ

などがあります。

 

ウエストにつけるウエストポーチタイプは、最も軽量性と容量のバランスがとれており、スマホの他にペットボトルなどのドリンクを入れられるものが多くあります。

 

背中に背負うリュックタイプは、軽量性には優れませんが、荷物を入れられる容量が多く遠出をする際に活躍します。

 

ランニングポーチを選ぶ際は、自分のランニングのスタイルに合わせて選び出すといいでしょう。

ポケット付きのランニングウェア

ランニング専用のポケット付きランニングウェアであれば、スマホの揺れを心配することなくポケットに収納が可能です。

 

ポケット付きランニングウェアの多くは、ウエストの部分にポケットが付いており伸縮性のある生地でできています。

 

そのため、ポケットにスマホを入れた時に体に密着してくれるので、ランニングをしても上下に揺れることはありません。

 

ランニングポーチと比べて、ウェアの他に身につける必要がないので、気軽にランニングに出かけられます。

 

できるだけ身につけるものは少なくしたいという方には、ポケット付きのランニングウェアがおすすめです。

アームバンド

ランニングのアームバンド

アームバンドは、腕に取り付けるポーチのようなものです。

 

アームバンドは、スマホを入れるだけのシンプルなつくりになっているものが多く、軽量性に優れますが容量はあまり多く有りません。

 

そのため、小銭入れやスマホのみを入れて、最小限の装備で出かけるという方にぴったり。

 

スマホの操作もしやすく、ランニングの邪魔にもならないのでランニングに集中したい人は、こちらのアームバンドタイプがおすすめです。

 

ランニングで痩せない3つの理由。走っても痩せないときにやるべきこと

100均で気軽に購入できるおすすめ商品

先ほど紹介したスマホを持ち歩くためのアイテムは、100円均一でも購入できます。

 

スマホを快適に持ち歩きたいけど、お金はかけたくないという方には非常におすすめです。

ウエストポーチ

ウエストポーチを100円均一で買う場合のおすすめは伸縮性のある生地を用いたタイプのウエストポーチです。

 

商品によっては、伸縮性が乏しく使い勝手が悪いものがあります。購入時に確認しておくことをおすすめします。

 

また、100円均一で防水性のウエストポーチは中々ないので、スマホや財布は、ジップロックなどの袋に入れて、汗で濡れないように配慮した方がいいでしょう。

アームバンド

アームバンドを100円均一で購入する場合も、伸縮性の高い生地で出来ており、ランニング中にバンドがずれてこないように設計されているものを選びましょう。

 

また、アームバンドを使用する際は、最初は100円均一で購入するのをおすすめします。

 

アームバンドはランニング時に腕を振る際の感覚に大きく影響するため、人によって好き嫌いが大きく分かれます。

 

もし最初に高価なアームバンドを購入してしまった場合、アームバンド自体が自分に合わなかったら後悔してしまいますね。

 

まず、100円均一で購入してみて、アームバンド自体が自分に合っているか確かめてから、本格的なアームバンドを購入すると無駄なお金を使う必要もありません。

 

アームバンドに興味がある方は、100円均一で購入して試してみると良いでしょう。

おすすめのランニングアプリ

ランニングアプリ

ここからは、ランニングの質を高めてくれるランニングアプリを紹介していきます。

そもそもランニングアプリとは

ランニングアプリは、ランニングのタイムやコース、消費カロリーなどをリアルタイムでGPSを使って計測してくれるものです。

 

目標に対してどのくらい達成できているかを視覚化できるのも良いところです。

 

また、音声ガイドもついているものが多く、リアルタイムで走った距離やペースなどを知らせてくれます。

 

スマホの画面を見なくても、今どのくらいのペースで走っているのかが把握できて便利です。

 

中でも、今回おすすめするランニングアプリは次の3つです。

<おすすめランニングアプリ>
  • adidasRunning(旧Runtastic)
  • NikeRunClub
  • Strava

 

これらは特にランナーに人気のランニングアプリです。順番に特徴を見ていきましょう。

adidasRunning(旧Runtastic)

adidasRunningは、アディダスが手掛けるランニングアプリです。

 

コースや走行距離、消費カロリーなどの測定ができるのはもちろん、シューズの走行距離も計測できるので、シューズの交換時期をはっきりとさせたい方にもおすすめです。

 

走行距離の1キロごとに地図上に走った時点がプロットされていくのもランナーにとっては嬉しいポイントです。

 

ランニングコースのどの場所まで行けば何km走ったことになるのか?がわかりやすく、ランングの練習コースを定めやすいでしょう。

 

ランニングシューズの選び方!値段・デザイン以外に重視すべき3要素

NikeRunClub

こちらは、ナイキが手掛けるランニングアプリです。

 

タイムやコースなどの計測やGPSログの取得はもちろん、音声でのサポートもしてくれます。

 

友達と競える機能が充実していて、オンライン上で友人と切磋琢磨しながらランニングのモチベーションをアップが可能です。

 

コミュニティに参加して長距離元にチャレンジしたり、目標を達成やトロフィーを獲得したりしながら、楽しくレベルアップができます。

 

1人ではランニングを続けるのが難しいと感じている人におすすめのアプリです。

Strava

Stravaは、あらゆるフィットネスの記録をするのに最適なアプリです。

 

タイムやコース、GPSログの取得などはもちろん、お気に入りのルートを地図上にマッピングできたりもします。

 

GPSを使った記録は、世界中の人と共有が可能です。

 

また、Stravaアプリ単体だけではなく、アクティビティトラッカーと同期が可能なので、サイクリングや水泳などのアクティビティも、全て一つのアプリで管理したいという方におすすめ。

 

ランニング・マラソンのフォーム・走り方の完全版!姿勢・着地・足の運び方まで

距離やタイム計測はランニングウォッチもおすすめ

今回紹介したスマホの持ち運び方法でも満足できないという方には、ランニングウォッチという選択肢もあります。

 

ランニングウォッチは、非常に軽量で、ランニングの際に、腕を振っても気にならないほどの軽さを誇っています。

 

文字盤の表示も大きく、走りながらでも時間を確認しやすいのが魅力です。

 

ハイエンドのランニングウォッチになってくると、GPS機能を持っていたり、心拍数を測れるものもあります。

 

予算に合わせて、最適なランニングウォッチを購入してみると良いでしょう。

スマートウォッチもおすすめ

ランニングには、ランニングウォッチだけでなくスマートウォッチもおすすめです。

 

スマートウォッチは、腕時計型のスマホと考えるといいでしょう。

 

スマートウォッチは、身に着け易く邪魔にならないのがいいところで、走行距離や心拍数、脈拍など、様々な情報管理をこのスマートウォッチだけで完結できます。

 

また、Bluetoothのイヤホンを接続できるモデルもあるので、そういったスマートウォッチを購入すれば、スマートウォッチとイヤホンだけで音楽を聴きながらランニングのペース管理もでき、快適にランニングを楽しめます。

ランナーにはガーミンが人気

ランナーには、ガーミンのウェアラブル端末がとても人気です。

 

ガーミンは、アスリート向けのGPS端末を多く手がけるメーカーで、ランニング向けの端末も多くリリースしています。

 

画面の端末の多くはデザイン性も優れており、ランニング時だけではなく、普段使いでも使えるようなスマートなデザインが特徴です。

 

もちろん、GPS機能など基本の性能は一級品で、安定した動作をしてくれることから多くのアスリートから高い評価を受けています。

 

初心者向けの低価格でシンプルな端末から、上級者向けの本格的な装備を備えた高級端末まで、様々な価格帯から購入できるのもいいところ。

 

どんな端末がいいのかわからないという方は、ガーミンの端末を最初に確認するのがおすすめです。

 

ランニングは筋肉を落としてしまう!?その真相とランナーにおすすめの筋トレ

まとめ

ランニングには、もはやスマホなどのデジタル端末が欠かせないものとなってきています。

 

その中でも、自分に合った端末を選ぶというのはランニングのモチベーションを保つ上で大切です。

 

自分に合った端末や持ち運び方法を見つけて楽しく快適にランニングを行ってみてください。

この記事を書いた人
倉本 岳
ランニングクラブ代表
LINE友達申請
無料会員登録