パーソナルジム「BCONCEPT(ビーコンセプト)」が下半身太りを解消できる秘訣を取材!

MYREVO編集部

BCONCEPT(ビーコンセプト)は、下半身・太もも痩せに特化した女性向けパーソナルトレーニング・ダイエットジムです。

 

独自の下半身痩せのプログラムを導入し、ヒップアップや美脚、くびれや美姿勢、産後太り解消に至るまで、女性のさまざまな要望に応えています。

 

今回はそんなBCONCEPT(ビーコンセプト)が女性の支持を集める理由を、BCONCEPT(ビーコンセプト)のトレーナーである武井さんと、社長の田代さんに伺いました。

武井さんアイコン
BCONCEPT(ビーコンセプト)恵比寿エリア武井さん
大手パーソナルトレーニングジムにて、3年間在籍しておりました。パーソナルトレーナー歴7年の経験を元に、ビーコンセプトの練りに練られたトレーニングメソッドを駆使し、 恵比寿エリアのお客様の下半身痩せ・ヒップアップの目標を達成し、卒業して頂けるように全力でサポートいたします。
田代さんアイコン
BCONCEPT(ビーコンセプト)代表田代さん
特徴があるパーソナルジムを作りたいと常々考えており、様々な女性のボディラインに関するお悩みをヒアリングさせて頂いた結果、下半身痩せとヒップアップに特化したプログラムを提供するジムを立ち上げるに至りました。 2017年に創業以来、どのようにアプローチすれば、全てのクライアント様のご満足を頂けるのかを日々、考えております。
倉本アイコン
インタビュアーMYREVO倉本岳
MYREVO編集長。参加者3000名を超える都内最大級のランニングチーム「Morning Running Club(通称モニラン会)」の代表。フルマラソンの自己ベストは3時間26分。

そもそもBCONCEPT(ビーコンセプト)とは?

倉本アイコン
BCONCEPT(ビーコンセプト)とは、どのような特徴のパーソナルジムなのでしょうか?
武井さんアイコン
BCONCEPT(ビーコンセプト)は女性専用のパーソナルジムです。2030代の女性で、「脚やせ」を目的にいらっしゃる方が多いのが特徴です。

武井さんインタビューカット

―以下、武井さん―

昔から下半身にコンプレックスを抱えていて、「他のパーソナルジムにも行ってみたけど、思うレベルまで下半身痩せができなかった」という理由でいらっしゃる方が最も多いです。

 

また、全身向けの「ボディメイクプログラム」というものもご用意していますので、下半身に限らず、全身のシェイプアップを目指される方もいらっしゃいます。

BCONCEPT(ビーコンセプト)の「脚やせ」プログラムとは?

倉本アイコン
下半身だけ特化して痩せるということは可能なものなのでしょうか?「脚やせ」のプログラムの内容が気になります。
武井さんアイコン
人間の体の作り上、脚の脂肪だけを燃焼していくのはできませんが、下半身太り、特に脚が太いのは、むくみや、脂肪の溜まりが原因です。 

―以下、武井さん―

女性の中には、「上半身は痩せているけれど、下半身に脂肪が溜まってしまって気になる」というお悩みをお持ちの方も多くいらっしゃいます。

 

そういった方は、漠然と筋トレをしていただくだけでなく、下半身太りの原因である「むくみ」や「脂肪の溜まり」などを解消するための「ストレッチ」や、「姿勢改善」も行なっていく必要があります。

倉本アイコン
実際に、下半身太りの解消や、脚やせにはどのくらいの期間が必要なのでしょうか?
武井さんアイコン
BCONCEPT(ビーコンセプト)のトレーニングの中では、筋トレだけでなく、骨盤のストレッチなどの「アライメントケア」というむくみや姿勢改善のメニューも行っています。それらを続けて、だいたい3ヶ月でご自身の体の変化に満足される方が多いです。

脚やせ集中コースの詳細

倉本アイコン
「脚やせのプログラム」は具体的にはどのようなトレーニングを行うのでしょうか?
武井さんアイコン
まず、「脚やせ集中コース」は175分のプログラムになっております。 

―以下、武井さん―

75分のうち、最初の15分は着替えの時間を取っていまして、残りの60分で体を動かしていく流れです。

 

冒頭の10分間はストレッチや準備運動に使います。

 

その際に、お客さまの姿勢の改善点を見つけたら、姿勢を整える施術を行なってからトレーニングを始めます。「脚やせ集中コース」ですと、脚のトレーニングを中心に行なっていく形です。

倉本アイコン
トレーニングとは、バーベルなどを用いた、ハードなウエイトトレーニングなのでしょうか?
武井さんアイコン
お客様により内容は変わってくるのですが、痩せるために筋力をつけなければならないお客様もいらっしゃいます。そういった方には、重りを持ったトレーニングは必須になってきます。

ビーコンセプトの内装

専用のバランスシューズを用いたトレーニング

倉本アイコン
下半身太りの原因である、むくみや脂肪の溜まりを解消するためにトレーニングの中で特別に行なっていることはあるのでしょうか?
武井さんアイコン
特別な工夫としては、BCONCEPT(ビーコンセプト)では、バランスシューズを履いた状態でトレーニングを行なっていただきます。

専用のバランスシューズ1

専用のバランスシューズ2

―以下、武井さん―

むくみは、膝の関節の詰まりや捻れなどによって生じます。

 

膝が真っ直ぐじゃない方は、どうしても重心がグラグラしてしまうので、むくんだり脂肪がたまったりしてしまうんです。

 

その重心のグラつきを、バランスシューズを使って矯正していきます。

 

また、重心がグラつき、トレーニングのフォームが間違っていると、変な所に筋肉が付いてしまい、結果的に脚が太くなってしまうことも有り得ます。

 

特に、女性は前腿や横腿の張りが強い方が多いので、バランスシューズを履いた状態で、重心の位置を意識しながらトレーニングをすることが、筋肉の付き方にも重要になってきます。

 

1ヶ月間は、きちんとトレーニング中にバランスシューズを履いてもらって、正しい重心や姿勢も同時に手に入れてもらいたいと考えています。

全身を鍛える「ボディメイクプログラム」とは?

倉本アイコン
全身を鍛える「ボディメイクプログラム」の方はどのようなプログラムになっているのでしょうか?
武井さんアイコン
「ボディメイクプログラム」は、さまざまな筋肉を動かす、全身トレーニングがメインです。強度は「脚やせのプログラム」よりも「ボディメイクプラグラム」の方が高くなっています。 

―以下、武井さん―

週に2回、ご来店いただいて全身を鍛えていくのですが、筋肉痛が残りやすい方や、疲労の回復が遅い方もいるので、そういう方には上半身、下半身と日によって鍛える部位を分けてトレーニングをしていただいています。

倉本アイコン
お客様の状態に合わせたトレーニングをしてくのですね。
武井さんアイコン
はい。トレーニングのプログラム以外にも、お客様の状態に合わせた「アフターフォローケア」も行っております。 

―以下、武井さん―

こちらは、「脚やせ」や、「ボディメイク」のプログラムの終了後、半年に1回行うことができるサービスです。

 

トレーニングのサポートや、食事、体重の記録を通じて、生活習慣に関してのアドバイスを提供していきます。

BCONCEPT(ビーコンセプト)の食事制限は厳しい?

倉本アイコン
ダイエットとなると、トレーニング以外にも、食事が気になると思います。BCONCEPT(ビーコンセプト)では、どのように食事指導をなされているのですか?
武井さんアイコン
食事指導は、特に「脚やせ」を目的にBCONCEPT(ビーコンセプト)にいらっしゃる方は上半身が細くて、下半身が気になるという場合が多いす。 

―以下、武井さん―

そのため、流行っている糖質制限やケトジェニックの食事をしてしまうと、上半身が削れてしまって、下半身がさらに目立ってしまう恐れがあります。

 

なので、食事指導のイメージとしては糖質を摂りつつ、ちょっと緩めに食事制限していくという感じです。

倉本アイコン
食事の細かいプランニングは、トレーナーとお客様が相談して決めていくのでしょうか?
武井さんアイコン
はい、基本的には一人のお客様に対して、専属のトレーナーが23人ついてサポートしていきます。 

―以下、武井さん―

具体的には、お客様から食事の報告をLINEで送ってもらって、トレーナーがフィードバックしていきます。

 

例えば恵比寿店ですと、トレーナーが2人いますが、この2人とお客様のLINEグループを作って、食事のアドバイスを行なっていくという形をとっています。

 

このLINEグループで、トレーナーには食事だけでなく、トレーニングや体の悩みなどの相談も随時行っていただけます。

BCONCEPT(ビーコンセプト)のトレーナーはどんな人? 

倉本アイコン
食事やトレーニングの指導をしてくれるBCONCEPT(ビーコンセプト)のトレーナーは、どのような方たちなのでしょうか?ここからは代表の田代さんにお伺いしたいと思います。
田代さんアイコン
トレーナーは、大手のパーソナルジムでトレーナーをやられていた即戦力の方が多く在籍しています。
田代さんアイコン
BCONCEPT(ビーコンセプト)代表田代さん
特徴があるパーソナルジムを作りたいと常々考えており、様々な女性のボディラインに関するお悩みをヒアリングさせて頂いた結果、下半身痩せとヒップアップに特化したプログラムを提供するジムを立ち上げるに至りました。 2017年に創業以来、どのようにアプローチすれば、全てのクライアント様のご満足を頂けるのかを日々、考えております。

―以下、田代さん―

大手のパーソナルジムでトレーナーとしての経験を積んだから独立したいという方が多くいらっしゃいます。

 

そのようなトレーナーに、まずは1年間、BCONCEPT(ビーコンセプト)の業務委託として、経営方針やトレーニングメソッド、お客さま対応の仕方を実践していただきます。

 

その後、既存の直営店をそのまま譲る、あるいは新規に店舗をオープンする形で各店舗の経営者になってもらいます。

 

このように、大手のパーソナルジムの指導経験でベースがある方たちが、BCONCEPT(ビーコンセプト)の各店舗の経営者となるため「自分のお店で、自分のお客さん」という意識をしっかり持ち、お客様への対応や指導に情熱を持って取り組んでいるのがBCONCEPT(ビーコンセプト)のトレーナーの特徴です。

倉本アイコン
BCONCEPT(ビーコンセプト)がこのような形態をとったのはどういった理由からなのでしょうか?
田代さんアイコン
私自身が、大手ジムのフランチャイズ店のオーナーをやっていたことが大きいです。 

―以下、田代さん―

フランチャイズ店のオーナーといっても、大元のジムに雇われている形なので、どうしても、私を含め徐々に現場のトレーナーに「やらされてる」という空気が出てきてしまいました。

 

忙しさから、「もっと上手く時間を回したい」という感情もありました。

 

そうなると、どうしても指導の質やモチベーションが落ちていってしまうんですね。

 

そこで、BCONCEPT(ビーコンセプト)では1年間の店舗スタッフの経験の後、雇われ店長ではなく、独立した店舗のいち経営者になるシステムを取りました。

 

そうすることで、自分のお店なので、情熱を傾けて、真剣に取り組むと言う好循環がトレーナーに生まれています。

 

だからこそ、凄くお客さんにも満足していただいていますし、トレーナーも飽きずに一生懸命に取り組んでくれています。

BCONCEPT(ビーコンセプト)は女性が通いやすい環境 

倉本アイコン
最後に、武井さん、田代さんからBCONCEPT(ビーコンセプト)に興味を持っていただいた方へ向けて、メッセージをお願いします。
武井さんアイコン
ビーコンセプトでは女性が通いやすい環境を整えています。
田代さんアイコン
パーソナルトレーニングに来られる女性の中には「誰かに見られるのが恥ずかしい」という方が多くいます。そこでビーコンセプトでは完全個室でトレーニングを行っています。
武井さんアイコン
また、シャワーや更衣室も完備しているので気軽に来てもらえるはずです。
田代さんアイコン
女性のためのパーソナルジムを追求していますので、下半身太りなどに悩んでいる方こそ、私たちのトレーニングに足を運んでいただけたら嬉しいです!

太ももダイエット専門プライベートジム【ビーコンセプト】

この記事を書いた人
MYREVO編集部
MYREVO編集部

RANKINGパーソナルジム総合評価人気ランキング

  • 1位 1位 RIZAP(ライザップ)
    テレビCMでお馴染みの芸能人のBefore・Afterから、「通えば痩せる」というイメージの強いライザップ。世界130店舗以上(※1)に展開し、14万人の会員数(※2)を誇るパーソナルジムの最大手です。データに基づいた痩せるノウハウを徹底的に体系化しているため、ともかく痩せたい方にオススメです!(※1:2020年5月現在/※2:2020年3月末現在の累計会員数)
  • 2位 2位 エクササイズコーチ
    アメリカで急成長し、日本でも店舗数を順調に増やしているエクササイズコーチ。AI主導によるマシントレーニングを1回20分の短時間で行うパーソナルジムです。トレーニング前に現在の筋肉力を測定することで、AIが最適なトレーニングの負荷を設定してくれるため、短時間でダイエット効果の高いトレーニングが受けられます。トレーナーによる指導もセットで月1.2万円(4回/月)の圧倒的な低価格が魅力です!
  • 3位 3位 24/7 Workout
    短期間で痩せるために必要なサービスを追求して、ライザップより大幅な低価格を実現した24/7Workout。業界No.2の規模を誇ります。フィットネスクラブに通うも運動が続かなかった方や、ご自身でのダイエットに失敗された方に人気で、最後のダイエットとして入会する方が多いのが特徴です。完全個室で、安全性に特化したスミスマシーンを採用しているため、運動が苦手な方や、ご年配の方でも安心して通えます!
ライター募集中 Team MYREVO®に参加しませんか

KEYWORDキーワード

FOLLOW USMYREVO®の公式SNSをフォロー